Alan Jay Lerner (August 31, 1918〜June 14, 1986) was an American Broadway lyricist and librettist.
Frederick Loewe (June 10, 1901〜February 14, 1988) was a Tony Award-winning Austrian-American composer.






■スペーサー
■スペーサー



アラン・ジェイ・ラーナー とフレデリック・ロウ
(Alan Jay Lerner & Frederick Loewe)

Alan Jay Lerner
The award-winning team of Alan Jay Lerner and composer Frederick Loewe created the scores for some of Broadway and film's most successful musicals. In addition to his memorable lyrics, Lerner also wrote some of the plays themselves. This tribute features several of his most beloved songs and a performance.

アラン・ジェイ・ラーナー(ブロードウェイの叙情詩人であり台本作者)は、衣料店チェーンのオーナー、ジョセフ・ジェイ・ラーナーを父に、1918年8月31日、ニューヨークに生まれた。イギリスで初等教育を受け、その後、ハーヴァード大学、ジュリアード音楽院で学んだが、キャリアはエール大学のコール・ポーターやコロンビア大学のリチャード・ロジャースのように大学生のために年間ハーヴァード大学のミュージカルにあった。卒業するとラジオ台本などを執筆していたが、1942年にオーストリア出身の作曲者フレデリック・ロウ(Frederick Loewe)と出会う。

やがて、フレデリック・ロウとコンビを組み、ブロードウェイ舞台で『ブリガドーン』(Brigadoon)(1947)(映画版は1954年)、『ベンチャー・ワゴン』(Paint Your Wagon)(1951)(映画版は1969年)、『マイ・フェア・レデイ』(My Fair Lady)(1956)(映画版は1964年)、「映画版」『恋の手ほどき』(GiGi)(1958)、『キャメロット』(Camelot)(1960)(映画版は1967年)、「映画版」『星の王子さま』(The Little Prince)(1974)などがある。また、バートン・レインと組んでブロードウェイ舞台で『晴れた日に永遠が見える』(On a clear day can see forever)(1965)(映画版は1970年)、映画版では、同じくレインとの『恋愛準決勝戦』(Royal Wedding)(1951)やジョージ・ガーシュウインとの『巴里のアメリカ人』(American in Paris)(1951)などがある。

ラーナーは19世紀後半のオッフェンバックの時代に遡ってミュージカルのルーツを探りヨハン・シュトラウスやギルバードとサリヴァンなどのオペレッタに触れる大衆劇場音楽の歴史を辿ってきた。ブロードウェイで上演されるミュージカル舞台は日本でも鑑賞できるようなり、最近作が上演されることもある。併し、むしろ、リヴァイバル公演が多く、ミュージカルの上演形態がオペラ公演に近いものになったようでもあり、新たなヒット作品が次々と生み出されるというよりは、初演時の舞台を再演するなり、時代の雰囲気を醸し出している。ラーナーは年代を追ってミュージカルの歴史を辿りながら、数々の華麗なヒット作を世に送りだした。

コンビの最初の『ブリガドーン』では、ドラマ批評家賞の最高ミュージカル部門を受賞する栄冠に輝いた。ニューヨークタイムズは、「ミュージカルの舞台を飾る名作の数は増え続けているが、ジーグフェルド劇場で上演された『ブリガドーン』もまた、このリストに加えられなければならない。空想的なスコットランドの村への小さな旅というべきこの作品はさまざまな舞台芸術を統一したものである。ずっと昔に存在した理想の国のことを語る童話の本を音楽にしたようだ。」と締めくくっている。また、ヘラルド・トリビューンでも「大変楽しく非凡さを感じさせるミュージカル・ファンタジーがジグフェルド劇場で始まった。『ブリガドーン』は喜びに溢れる見事なショーで纏まりがある。」と絶賛した。

ラーナーは1950年代には、ハリウッドで過ごすことが多く、ほとんど毎晩のようにアイラ・ガーシュウインと魅力的な彼の妻リーが住む邸宅に寄ったが、夫妻は彼らに自宅を開放し、そこにはプロデューサーのアーサー・フリード、ピアニストのオスカー・レヴァントやヴィンセント・ミネリなどが居たという。20年来、ラーナーはアンフェタミンによる中毒症状にあったそうである。1986年6月14日マンハッタンで68歳で肺ガンにより他界した。(参考:アンフェタミン使用は気分の高揚や身体活動性の亢進など健康、幸福感をもたらすが、長期使用は依存を引き起こす可能性がある)

Frederick Loewe フレデリック・ロウ(作曲家)は、1901年6月10日、オーストリアの両親のもとでベルリンに生まれた。父のエドムンド・ロウは、アメリカやヨーロッパはじめ多く国々で活躍した著名なテナー歌手であった。ロウは5歳からピアノを弾きはじめ、13歳になるまでプロシア士官学校で学んでいたが、やがてベルリンで巨匠フゾーニに師事し、13歳でベルリン交響楽団と共演した。その後、ポピュラー音楽に関心を寄せ、15歳で作曲した「カトリーナ」がヨーロッパ中で大ヒットし、1924年の20歳の時に渡米した。アメリカでの生活は、音楽では生計がたたずカウボーイやボクサーなどの仕事にも従事していたが、1934年、ニューヨークに落ち着いてクラブのピアニストを務めながら作曲活動を続けた。1935年に作詞家アール・クルッカーと共に歌曲やショウ『クレート・レデイ』(1938年)などを書いたが、やがて、1942年にアラン・ジェイ・ラーナーと巡り会いコンビを組むことになった。

彼らは最初に1943年11月から『ホワツツ・アップ?』(What's Up?)を上演したが、これは63回で終わり、成功作とは言えなかった。次の『ザ・デイ・ピフォア・スプリンク』(The Day Before Spring)は、1945年11月から165回上演とまずまずの成果を挙げた。そして、第3作目の『ブリガドーン』(Brigadon)が、1947年にヒットしてコンビは、広く注目された。続いて1951年『幌馬車を塗れ』(ベンチャー・ワゴン/Paint Your Wagon)、1956年に『マイ・フェア・レディ』(My Fair Lady)が大ヒットした。 当時、ラーナー&ロウは、まだロジャース&とハマースタインのスタイルを真似ているとも言われたようだが、内容あるテーマに取り組み、音楽の統一性をしっかりと守り、過去の世界を現代の観客の前に生き生きと蘇らせることによって、ミュージカル界に独自の地位を築き上げた。

1958年には映画ミュージカル『ジジ』(Gigi)が大好評を博し、1960年に『キヤメロット』(Camelot)が大ヒットしたが、この年にロウは引退した。その後、ラーナーは、作曲家のパートン・レイン(Burton Lane)とミュージカル『晴れた日に永遠が見える』(On a Clear Day You Can See Forever)(1965年)やアンドレ・プレヴイン(Andre Previn)と『ココ』(Coco)(1969年)を発表した。ロウは1972年にソング・ライター栄誉殿堂に推挙された。1988年2月14日に亡くなり、バーム・スプリンクスに眠っている。

アラン・ジェイ・ラーナーとフレデリック・ロウは、アイラとジョージのガーシュウイン兄弟やロレンツ・ハートとリチャード・ロジャース、オスカー・ハマースタイン2世とロジャース、それにハワード・ディーツとアーサー・シュワルツなどのコンビと同じく、ミュージカルに多大の功績を残した。作品数は多くはないが、ほとんどの作品が極めてクオリテイの高く有名なコンビで良く知られている。




  Alan Jay Lerner & Frederick Loewe


Alan Jay Lerner ■スペーサー

Alan Jay Lerner (August 31, 1918 - June 14, 1986) was an American Broadway lyricist and librettist.Born in New York City, he was the son of Joseph Jay Lerner, the brother of the owner of the Lerner Stores, a chain of dress shops. The founder and owner of Lerner Stores was Samuel Alexander Lerner. Alan Jay Lerner was educated at Bedales School, Choate Rosemary Hall, and Harvard, where he befriended classmate John F. Kennedy.

Like Cole Porter at Yale and Richard Rodgers at Columbia, his career in musical theater began with his collegiate contributions to the annual Harvard Hasty Pudding musicals.Following graduation, Lerner wrote scripts for radio, including Your Hit Parade, until he was introduced to a down-on-his-heels Austrian composer Frederick Loewe, who needed a lyricist, in 1942.

Their first collaboration was a musical adaptation of Barry Connor's farce The Patsy called Life of the Party for a Detroit stock company. It enjoyed a nine-week run and encouraged the duo to join forces with Arthur Pierson for What's Up?, which opened on Broadway in 1943. It ran for 63 performances and was followed two years later by The Day Before Spring. One of Broadway's most successful partnerships had been established. Their first hit was Brigadoon (1947), a romantic fantasy set in a mystical Scottish village, directed by Robert Lewis.

It was followed in 1951 by the less successful Gold Rush story Paint Your Wagon. Lerner poured his excess energy into collaborations with Kurt Weill on the stage musical Love Life (1948) and Burton Lane on the movie musical Royal Wedding (1951). In that same year Lerner also wrote the Oscar-winning original screenplay for An American in Paris, produced by Arthur Freed and directed by Vincente Minelli. This was the same team who would later join with Lerner and Loewe to create Gigi.

In 1956 Lerner and Loewe unveiled My Fair Lady. Their adaptation of George Bernard Shaw's Pygmalion retained his social commentary and added unusually appropriate songs for the characters of Eliza Doolittle and Henry Higgins, played originally by Julie Andrews and Rex Harrison. It was hugely popular and set box-office records in New York and London. When brought to the screen in 1964, the movie version would win eight Oscars.

Lerner and Loewe's run of success continued with their next project, a film adaptation of stories from Colette, the Academy Award winning film musical Gigi, starring Leslie Caron. The film won all of its nine Oscar nominations, a record at that point in time, and a special Oscar for co-star Maurice Chevalier. The Lerner-Loewe partnership cracked under the stress of producing the Arthurian Camelot in 1960, with Loewe resisting Lerner's desire to direct as well as write. Camelot was a hit nonetheless, with a poignant coda; immediately following the assassination of John F. Kennedy, his widow told Life Magazine that JFK's administration reminded her of the "one brief shining moment" of Lerner and Loewe's Camelot. To this day Camelot is invoked to describe the idealism, romance, and tragedy of the Kennedy years.

Loewe retired to Palm Springs, California while Lerner went through a series of unsuccessful musicals with such composers as Andre Previn (Coco), John Barry (Lolita, My Love), Leonard Bernstein (1600 Pennsylvania Avenue), Burton Lane (Carmelina) and Charles Strouse (Dance a Little Closer, based on the film, Idiot's Delight, (nicknamed Close A Little Faster by Broadway wags because it closed on opening night).

Most biographers blame Lerner's professional decline on the lack of not only a strong composer but a strong director Lerner could collaborate with (as Neil Simon did with Mike Nichols or Stephen Sondheim did with Harold Prince (Moss Hart, who had directed My Fair Lady, died shortly after Camelot opened). Lerner was inducted into the Songwriters Hall of Fame in 1971.

In 1973 Lerner coaxed Fritz Loewe out of retirement to augment the Gigi score for a musical stage adaptation. The following year they collaborated on a musical film version of The Little Prince, based on the classic children's tale by Antoine de Saint-Exupery. This film was a critical and box office failure, but has become a cult favorite, with the soundtrack recording and the film itself back in print (on CD and DVD) after many years of being unavailable.

In 1978 he penned The Street Where I Live, his account of three of his and Loewe's successes, My Fair Lady, Gigi, and Camelot along with autobiographical information. In the last year of his life he published The Musical Theatre: A Celebration, a well-reviewed history of the theatre replete with personal anecdotes and his trademark wit. A book of Lerner's lyrics entitled A Hymn To Him, edited by Benny Green, was published in 1987.

At the time of Lerner's death, he had just begun to write lyrics for The Phantom of the Opera, and was replaced by Charles Hart. He had turned down an invitation to write the English-language lyrics for the musical version of Les Miserables. He also had been working with Gerard Kenny in London on a musical version of the classic film My Man Godfrey.

Lerner had an addictive personality; for more than twenty years he battled an amphetamine addiction, and he would marry eight times. The drugs and divorces cost him much of his wealth. When he died, he reportedly owed the IRS over $1,000,000 (USD) in back taxes. Lerner died from lung cancer in Manhattan at the age of 67. At the time of his death he was married to actress Liz Robertson, who was thirty-six years his junior.








Frederic Loewe ■スペーサー

Frederick Loewe (June 10, 1901 - February 14, 1988) was a Tony Award-winning Austrian-American composer.Loewe was born in Berlin to Viennese parents Edmond and Rosa Loewe. His father Edmond was a noted Jewish operetta star who traveled considerably, to North and South America and throughout much of Europe. Fritz grew up in Berlin and attended a Prussian cadet school from the age of five until he was thirteen.

At an early age Loewe learned to play piano by ear and helped his father rehearse. He eventually attended a music conservatory in Berlin, one year behind virtuoso Claudio Arrau. Both won the coveted Hollander Medal awarded by the school, and Fritz gave performances as a concert pianist while still in Germany. In 1925, his father received an offer to appear in New York, and Loewe traveled there with him, determined to write for Broadway.

This proved to be difficult, and he found work playing piano in German clubs in Yorkville and in movie theaters as the accompanist for silent pictures. Loewe began to visit The Lambs Club, a hangout for theater performers, producers, managers, and directors. It was here that he met Alan J. Lerner in 1942. Their first collaboration was a musical adaptation of Barry Connor's farce The Patsy called Life of the Party for a Detroit stock company.

It enjoyed a nine-week run and encouraged the duo to join forces with Arthur Pierson for What's Up?, which opened on Broadway in 1943. It ran for 63 performances and was followed two years later by The Day Before Spring. One of Broadway's most successful partnerships had been established.

Their first hit was Brigadoon (1947), a romantic fantasy set in a mystical Scottish village, directed by Robert Lewis. It was followed in 1951 by the less successful Gold Rush story Paint Your Wagon. In 1956 Lerner and Loewe unveiled My Fair Lady. Their adaptation of George Bernard Shaw's Pygmalion retained his social commentary and added unusually appropriate songs for the characters of Eliza Doolittle and Henry Higgins, played originally by Julie Andrews and Rex Harrison.

It was hugely popular and set box-office records in New York and London. Together with Lerner, he won the Tony Award for Best Musical. With My Fair Lady a smash hit, MGM took notice, and commissioned them to write the 1958 film musical Gigi, which won nine Academy Awards, including Best Picture.

Their next Broadway production, Camelot, received mediocre reviews when it opened. The director and producer arranged for stars Richard Burton, Julie Andrews, and Robert Goulet to appear on The Ed Sullivan Show and sing a few numbers from the musical, along with an appearance by Lerner and Loewe. The following morning the box office was swamped with requests, and Camelot became a huge hit.

Loewe then decided to retire to Palm Springs, California, not writing anything until he was approached by Lerner to augment the Gigi film score with additional tunes for a 1973 stage adaptation, which won him his second Tony, this time for Best Original Score.

The following year they collaborated on a musical film version of The Little Prince, based on the classic children's tale by Antoine de Saint-Exupery. This film was a critical and box office failure, but has become a cult favorite, with the soundtrack recording and the film itself back in print (on CD and DVD) after many years of being unavailable. Loewe was inducted into the Songwriters Hall of Fame in 1972. He remained in Palm Springs until his death.
(From Wikipedia, the free encyclopedia)





アラン・ジェイ・ラーナー とフレデリック・ロウ作品集
                                        (ブロードウェイ舞台公演)

『ホワッツ・アップ?』(What's Up?)(1943)
『ザ・デイ・ピフォア・スプリンク』(The Day Before Spring)(1945)(165回)

『ブリガドーン』(Brigadoon)(1947年・ジーグフリード劇場581回)
(1980年にブロードウェイで再上演されたが、短命だった。(1954年の映画では、ジーン・ケリー、シド・シャリース、ヴァン・ジョンソンが主演した)

『幌馬車を塗れ/ベンチャー・ワゴン』(Paint Your Wagon)(1951年・シュパート劇場289回) (1969年に映画化され、クリント・イーストウッド、リー・マーヴィン、ジーン・セバーグが主演しているが、ストーリーは異なる)

『ジジ』(Gigi)(1954年にオードリー・ヘプバーンがブロードウェイ劇(アニタ・ルースの脚本)で上演したが、映画化には関心を示さなかったので、ロンドン公演でのレスリー・キャロンが映画『恋の手ほどき』(Gigi)(1958) に出演した)

『マイ・フェア・レディ』(My Fair Lady)(1956年・マーク・ヘリンジャー劇場2717回)

1950年代のミュージカルとして最も大きな影響を及ぼし、全時代を通して最高に傑作と言える作品の一つである。ジョージ・バーナード・ショー(George Bernard Shaw)の1914年の戯曲『ピグマリオン』のミュージカル化を進めようとハンガリー人の映画プロデューサー、ガブリエル・パスカル(Gabrirl Pascal)は、2年にわたって作家探しに奔走し、ロジャース&ハマーステインやノエル・カワードなどに拒否された後、ようやくアラン・ジェイ・ラーナー とフレデリック・ロウの同意を得て、ショーの原作の台詞を出来るだけ残し、アスコット競馬場、大使館の舞踏会など、新た名場面を加えることにした。すべての人が正しい英語を話せるようになれば、社会階層の違いなど消えてしまうだろうというショーの考えが物語の根底にある。

コヴェント・ガーデンの花売り娘イライザ・ドゥリトルは、ロンドンの下町訛り(コクニー・アクセント)ひどいが、音声学者ヘンリー・ヒギンズにレッスンを受けて、ちゃんとした花屋の店員になろうとする。ヒギンズ教授にレックス・ハリスン、花売り娘にメリー・マーテンが断念したのでジューリー・アンドリュースが演じた。イライザの父親でアル中のアルフレッド・ドゥリトル役のスタンリー・ハロウェイは、永遠に記憶されるほどの当たり役となった。ニューヨークでは、2回再演され、1976年には、イアン・リチャードソンとクリスティン・アンドリュース、ジョージ・ローズの主演で377回上演され、1981年には、レックス・ハリスン、ナンシー・リンガム(Nancy Ringham)、ミロ・オーシャの主演で119回上演されている。1984年の映画化では、オードリー・ヘップバーンが主演し、ハリソンもハロウエイが舞台と同じ役で出演している。

『キャメロット』(Camelot)(1960年・マジェステック劇場873回) 

『マイ・フェア・レディ』の大成功以来、ラーナー&ロウの最初のブロードウェイ 作品となった本作は、アーサー王伝説に基づいたT・H・ホワイト(T.H.White)の小説「かつての王と未来の王」(The Once and Future King)を原作とし、ラーナー&ロウのほかにも『マイ・フェア・レディ』のメンバーが多数参加している。高貴なアーサー王にリチャード・バートン、その寵臣ランスロット・デュ・ラック伯にロバート・グーレの間で揺れ動く、王妃グエナヴィアにジューリー・アンドリュースが演じ悲劇的なロマンスを描いている。

ツアー・カンパニーでは、アーサー王にウィリアム・スクワイヤー、グエナヴィアにキャスリン・グレースン、ランスロットにロバート・ピーターソンが出演し、1年半の公演を続けた。1980年には、リチャード・バートンが同じ役を演じる再演ツアーが行われ、7月にはニューヨークでも限定公演を行っている。グエナヴィア役にクリスティン・エバーソウル、ランスロット役にリチャード・ミュエンツが演じた。後にバートンが病気のためリチャード・ハリスに交替し、王妃にはメグ・パサートに代わって全国公演を続け、1981年に再びニューヨークで短期公演を行い、通算すると3年近い公演を行った。1967年の映画でもハリスはアーサー王を、ヴァネッサ・レッドグレープが王妃グエナヴィア、フランコ・ネロがランスロットを演じた。

『恋の手ほどき』(Gigi)(1973)
1973年、オリジナル曲のほかに新曲5曲を加えてブロードウェイ・ミュージカル公演された。

★ Ziegfeld Theatre(141 W. 54th St New York, NY 10019)
★ Shubert Theatre (225 W. 44th St.New York, NY 10036)
★ Mark Hellinger Theater (237W. 51 St New York,NY)
★ Majestic Theatre (247 West. 44th Street, New York, NY 10036)

■スペーサー
Sierra Boggess singing The Lusty Month of May
from BBC Proms 2012 Broadway Sound.

Check out my tumblr: http://someonewillcare.tumblr.com Sierra Boggess performing The Lusty Month of May from Camelot in the BBC Proms 2012 - Broadway Sound with the John Wilson Orchestra.Recorded and performed on 27th August and Broadcasted on BBC2 on 1st Sept.I do not claim to own any content, this belongs to the original broadcaster. I am only uploading this for prosperity's sake.(2012/09/02)


映画作品集(Movie collection of L&L)

1.『巴里のアメリカ人』(An American in Paris)(1951)(アラン・ジェイ・ラーナー&ジョージ・ガーシュウイン)
2.『恋愛準決勝戦』(Royal Wedding)(1951)(アラン・ジェイ・ラーナー&パートン・レイン)
3.『ブリガドーン』(Brigadoon)(1954)
4.『恋の手ほどき』(Gigi)(1958)
5.『マイ・フェア・レディ』(My Fair Lady)(1964)
6.『キャメロット』(Camelot)(1967)
7.『ペンチャー・ワゴン』(Paint Your Wagon)(1969)
8.『晴れた日に永遠が見える』(On a Clear Day You Can See Forever)(1970)
 (アラン・ジェイ・ラーナー&パートン・レイン)
9.『星の王子さま』(The Little Prince)(1974)



 Link to Web Site 

Alan Jay Lerner site
Frederic Loewe site



  1.巴里のアメリカ人 (An American in Paris) (1951) 

第二次世界大戦中、アメリカ兵としてヨーロッパ戦線に参戦し、パリに駐屯したアメリカ人のジューリー・マリガン(ジーン・ケリー)は、パリの芸術的な雰囲気にすっかり惚れ込み、戦後復員してそのままパリに留まり、画家を志していた。ある日、モンマルトルで街頭に作品を並べていたら、ミロ・ロバーツ(ニーナ・フォック)という美しい中年の女性に画才を認められ親しくなる。そして、彼女に誘われて行ったカフェーで、初々しく清楚なパリ娘リズ・ブールピエール(レスリー・キャロン)を見染めて一目惚れ、強引に彼女の電話番号を聞き出したが・・・。

この作品は、パリを舞台にアメリカ人の画家とフランス人の女性の恋を描いたミュージカル映画で、原作・脚本は、作曲家出身のアラン・ジェイ・ラーナーのオリジナル。歌曲はジョージ・ガーシュウィン作曲、アイラ・ガーシュウィン作詞のガーシュウィンの名曲「パリのアメリカ人」が、すべて映画で使われたミュージカル映画の大傑作である。

(アメリカ映画 Metro-Goldwyn-Mayer Color 113 min.)

(リリース:1951年8月26日・London)(premiere)
(1952年5月2日:本邦公開)
(LD,DVD発売)

『巴里のアメリカ人』は、1993年に「文化的、歴史的、芸術的」に重要と考えられアメリカ国立フィルム登録簿(National Film Registry)に保存された。(アメリカ国立フィルム保存委員会(United States National Film Preservation Board)は、アメリカ議会図書館に永久保存するフィルムを選択、保存するアメリカ合衆国の制度。)
(ご参考)

「cast」
ジーン・ケリー
レスリー・キャロン
オスカー・レヴァント
ジョルジュ・ゲタリ
ニナ・フォック
  ■スペーサー
「staff」
製作:アーサー・フリード
監督:ヴィンセント・ミネリ
作詞:アイラ・ガーシュウィン
脚本:アラン・ジェイ・ラーナー
音楽監督:ソウル・チャップリン、ジョニー・グリーン
撮影:アルフレッド・ジルクス、ジョン・アルトン
美術:プレストン・エームス、セドリック・ギボンズ


See large image

  「巴里のアメリカ人」詳細解説ページ
 (An Amerivan in Paris Description Site)




 2. 恋愛準決勝戦 (Royal Wedding) (1951) 

ブロードウェイで歌と踊りの人気チーム、トム・ボーエン(フレッド・アステア)とエレン・ボーエン(ジェーン・パウエル)の兄妹は、『ニューヨークの恋人』の公演で大喝采を受ける。ショーは、終わり2人は楽屋に戻ると王女のご成婚でロンドンは、お祭りムード!という海外のニュースが入る。エージェントのアーヴィング・クリンガー(キーナン・ウィン)から、ロンドンでの招待公演の話があるのだが・・・。

この映画は、1947年にエリザベス女王とフィリップ・マウントバッテン公のご成婚の機に乗じたいという考えをもとに企画されたという説もあるが、ブロードウェイ・ミュージカル『ブリガードーン』(Brigadoon)(1947年)をヒットさせたアラン・ジェイ・ラーナー が、1948年にハリウッドでの初仕事として書きあげた作品の映画化。エリザベス女王とフィリップ・マウントバッテン公のご成婚と同じ日に、二つのカップルが結ばれるミュージカル・コメデイ。フレッド・アステアの25本目の記念すべき映画でもある。

(アメリカ映画 Metro-Goldwyn-Mayer Color 93 min.)

(リリース:1951年3月23日・USA)
(本邦未公開)
(LD,DVD/US Version)

「cast」
フレッド・アステア
ジェーン・パウエル
ピーター・ローフォード
セイラ・チャーチル
キーナン・ウィン
アルバート・シャープ
ビオラ・ローチ

  ■スペーサー
「staff」
製作:アーサー・フリード
監督:スタンリー・ドーネン
作曲:バートン・レーン
作詞・脚本:アラン・ジェイ・ラーナー
音楽監督:ジョニー・グリーン
撮影:ロバート・プランク
美術:セドリック・ギボンズ


See large image

  「恋愛準決勝戦」 詳細解説ページ
 (Royal Wedding Description Site)




 3. ブリガドーン (Brigadoon) (1954) 

トミー(ジーン・ケリー)とジェフ(ヴァン・ジョンソン)は、ニューヨークからスコットランドに狩にやって来たが、森の中で道に迷ってしまい、やがて、足もとの霧が晴れると谷間に美しい村が忽然と現れた。100年に一度だけハイランドの森のなかに出現し、一日で消えてしまうという村であった。トミーとジェフがやってきたのは、その100年目の一日だったのである。そんな事情は知らない2人は、なんて平和で美しい村だろうと思っているが、村では娘のジーン(エレーン・スチュアート)と若者のチャーリー(ジミー・トンプソン)の結婚式を迎えようとしていた・・・。

本作はスコットランドの伝説をもとにファンタジーの要素が加わった幻想的な魅惑あふれるブロードウェイで大ヒットした舞台ミュージカル『ブリガドーン』(1947年、ジーグフリード劇場/581回)の映画化で、ミュージカル界に独自の地位を築き上げた「アラン・ジェイ・ラーナー&フレディリック・ロウ」の作品である。

(アメリカ映画 Metro-Goldwyn-Mayer Color 108 min.)

(リリース:1954年9月8日・USA)
(1954年12月8日:本邦公開)
(LD,DVD/US Version)

「cast」
ジーン・ケリー
ヴァン・ジョンソン
シド・チャリシー
エレーン・スチュアート
バリー・ジョーンズ
  ■スペーサー
「staff」
製作:アーサー・フリード
監督:ヴィンセント・ミネリ
原作:アラン・ジェイ・ラーナー、フレデリック・ロー
脚本:アラン・ジェイ・ラーナー
音楽:ジョニー・グリーン
撮影:ジョセフ・ルッテンバーグ
美術:セドリック・ギボンズ


See large image

  「ブリガドーン」 詳細解説ページ
 (Brigadoon Description Site)




 4. 恋の手ほどき (Gigi) (1958) 

20世紀を迎えようとしているベル・エポックの花の都パリ、お祖母さんのマミタ(ハーミオン・ジンゴールド)に育てられている少女ジジ(レスリー・キャロン)は、食事のマナーや淑女のたしなみなど、アリシア(イザベル・ジーンズ)に個人レッスンを受けている。お祖母さんのマミタの妹であるアリシタ(イザベル・ジーンズ)は、昔社交界でならした貴婦人である。その許へ、ジジは学校が終わると作法や稽古に通っている。やがて、社交界の花形にしようとするマミタお祖母さんの野心なのだが・・・。

舞台劇の「恋の手ほどき」は、レスリー・キャロンやオードリー・ヘプバーンが主演してブロードウェイでヒットし、披女たちの出世作にもなったが、本作の『恋の手ほどき』は、ベル・エポック(良き時代〉と呼ばれた枠な香りにあふれていたパリを背景にしたソフイスティケーションの世界の物語となっている。当時、ブロードウェイでは『マイ・フェア・レディ』が大ヒットして続演中であったが、MGMでは、その作詞家、作曲家コンビのアラン・ジェイ・ラーナーとフレデリック・ロウを招いてもうひとつの『フェア・レディ』化を狙った。それが本作で、MGMがミュージカル映画で最後に挑戦した作品でもあった。

『恋の手ほどき』は、1991年に「文化的、歴史的、芸術的」に重要と考えられアメリカ国立フィルム登録簿(National Film Registry)に保存された。(アメリカ国立フィルム保存委員会(United States National Film Preservation Board)は、
アメリカ議会図書館に永久保存するフィルムを選択、保存するアメリカ合衆国の制度。)(ご参考)

(アメリカ映画 Metro-Goldwyn-Mayer Color 116 min.)

(リリース:1958年5月・France)(Cannes Film Festival)
(1959年6月13日:本邦公開)
(LD,DVD/US Version)

「cast」
レスリー・キャロン
モーリス・シュヴァリエ
ルイ・ジュールダン
ハーミオン・ジンゴールド
アザベル・ジーンズ
  ■スペーサー
「staff」
製作:アーサー・フリード
監督:ヴィンセント・ミネリ
原作:コレット
脚本:アラン・ジェイ・ラーナー
音楽:フレデリック・ロー
撮影:ジョセフ・ルッテンバーグ
美術:ウィリアム・A・ホーニング、プレストン・エイムズ


See large image

  「恋の手ほどき」 詳細解説ページ
 (Gigi Description Site)




 5.マイ・フェア・レディ (My Fair Lady)(1964) 

コヴェント・ガーデン・オペラハウス、オペラが終わって、花売り娘のイライザ・ドゥーリトル(オードリー・ヘップバーン)は、花を売るために駆けずり回っていたが、一方、その言葉を聞きながらノートに書き留めているのは、言語学者のヘンリー・ヒギンズ教授(レックス・ハリソン)であった。イライザは、どんな花売り娘でも、自分の手にかかれば半年で舞踏会でも通用するレディに仕立て上げられるというのを聞いて興味を持つ。 翌朝、イライザは、ヒギンズの邸を訪ね、自分を一人前のレディに仕立てて欲しいと訴える。ヒギンズは最初は断るが、居合わせたヒギンズの友人で言語研究家のピカリング大佐(ウィルフリッド・ハイド・ホワイト)が、もし成功したら、イライザの授業料を全額持つと言ったため、ヒギンズは俄然乗り気になるのだが・・・。

『マイ・フェア・レディ』は、ジョージ・バーナード・ショウ原作の戯曲「ピグマリオン」(1856年にウィーンで初演、翌年ロンドン初演)を元に「フレデリック・ロー&アラン・ジェイ・ラーナー」がミュージカル化に取り組んだ作品であり、1956年にレックス・ハリソン、ジューリー・アンドリユース主演してブロードウェイで2717回上演された。本作は舞台の映画化である。

(アメリカ映画 Warner Bros. Color 172 min.)

(リリース:1964年10月21日・USA)
(1964年12月1日:本邦公開)
(LD,DVD/US Version)(LD,DVD)

「cast」
オードリー・ヘップバーン
レックス・ハリソン
スタンリー・ホロウェイ
ウィルフリッド・ハイド・ホワイト
ジェレミー・ブレット
セオドア・バイケル
  ■スペーサー
「staff」
製作:ジャック・L・ワーナー
監督:ジョージ・キューカー
原作戯曲:ジョージ・バーナード・ショウ
脚本:アラン・ジェイ・ラーナー
音楽:アンドレ・プレヴィン、フレデリック・ロー
撮影:ハリー・ストラドリング
美術:セドリック・ギボンズ


See large image

  「マイ・フェア・レディ」詳細解説ページ
 (My Fair Lady Description Site)




 6.キャメロット (Camelot)(1967) 

他国との争いには、常に勝利をおさめ、敗れることを知らなかったアーサー王(リチャード・ハリス)の胸に、ある日、力のみが正義なのか、勝てばそれでよいのか、といった疑念が胸をかすめ、王妃グウェナヴイア(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)の賛成をえて、新しい騎士制度の創設を考えた。すべての国王に武器を捨て我がもとへ集まれと招き乞うのである。こうして、後世に名高き円卓の騎士が生れ、平和の楽園「キャメロット」が生れた。呼びかけは、海峡をこえ、勇名高きフランスのランスロット(フランコ・ネロ)も、それに応じアーサー王への忠誠を誓うのであったが・・・。

『マイ・フェア・レディ』を舞台化した「フレデリック・ロー&アラン・ジェイ・ラーナー」と演出家のモス・ハートは、1960年に、T・H・ホワイトの小説『永遠の王』(The Once and Future King)を脚色して、アーサー王のミュージカル映画としたのが本作である。

(アメリカ映画 Warner Bros. Color 179 min.)

(リリース:1967年10月25日・USA)
(1967年12月2日:本邦公開)
(LD,DVD)

「cast」
リチャード・ハリス
ヴァネッサ・レッドグレイヴ
フランコ・ネロ
デイヴィッド・ヘミングス
  ■スペーサー
「staff」
製作:ジャック・L・ワーナー
監督:ジョージ・キューカー
脚本:アラン・ジェイ・ラーナー
音楽:アンドレ・プレヴィン、フレデリック・ロー
撮影:リチャード・H・クライン
美術:エドワード・キャレア


See large image
  「キャメロット」詳細解説ページ
 (Camelot Description Site)




 7.ペンチャー・ワゴン (Paint Your Wagon)(1969) 

ゴールド・ラッシュのカリフォルニアでの名も無いある鉱山の町、楽天家で大酒飲みのベン・ラムソン(リー・マービン)は、金鉱を捜しているが、そこで偶然知り会ったパードナー(クリント・イーストウッド)が気に入り、2人の共同生活がはじまった。女っけがないのは、寂しいものでベンは、しだいに嫌になってきたが、そんな時、ベンは若く美しいエリザベス(ジーン・セバーグ)とおしゃべりなセーラ(スー・キャセイ)の2人の妻をつれた男に出会い、渡りに船とエリザベスを買いとったのだが・・・。

この作品は、1853年のカルフォルニアで起こったゴールド・ラッシュの狂騒の歴史的事実の時代背景をアラン・ジェイ・ラーナー原作、フレデリック・ロー作曲により製作されたミュージカル・プレイ。ニューヨークのシュパート劇場で、1951年11月12日開幕、289回公演された。1969年の映画化され、アラン・ジェイ・ラーナーは、1951年のブロードウェイ・ミュージカルの台本を使うのをやめ、パディ・チャイエフスキーの脚本をもとにして映画のシナリオを書き、ラーナーが作曲家のフレデリック・ローと共同で書いた曲の半分以上が削除し、かわりにアンドレ・プレヴィンが作曲した5曲が追加された。

(アメリカ映画 Paramount Color 166 min.)

(リリース:1969年10月15日・USA)
(1969年12月20日:本邦公開)
(LD,DVD発売)

「cast」
リー・マービン
クリント・イーストウッド
ジーン・セバーグ
レイ・ウォルストン
ハーヴ・プレスネル

  ■スペーサー
「staff」
製作:アラン・ジェイ・ラーナー
監督:ジョシュア・ローガン
原作戯曲:アラン・ジェイ・ラーナー、フレデリック・ロー
脚本:アラン・ジェイ・ラーナー、パディ・チャイエフスキー
音楽:フレデリック・ロー 、アンドレ・プレヴィン、ロジャー・ワグナー、ネルソン・リドル
撮影:ウィリアム・A・フレイカー
美術:カール・ブラウンガー
編集:ロバート・ジョーンズ
衣装(デザイン):ジョン・トラスコット


See large image


  「ペンチャー・ワゴン」詳細解説ページ
 (Paint Your Wagon Description Site)




 8.晴れた日に永遠が見える (On a Clear Day You Can See Forever)(1970) 

聡明で明るい女学生のデイジー・ギャンブル(バーブラ・ストライサンド)は、ニューヨークに住み、不思議な才能を持っていた。指で触れると、どんな花でも魔法をかけたように大きくなるのである。ある日、学生に催眠術の実験、講義をしている精神医学者のマルク・シャボー(イヴ・モンタン)の教室に紛れ込んだデイジーは催眠術にかかってしまう。デイジーは12歳から喫煙しているニコチン中毒なのだが、催眠術でなんでも直せるのだろうかといい、面談中にマルクが探しているメモの場所を指し示したり、電話が鳴るのを予知し不思議な能力を見せるのであるが・・・。

この作品は、バーバラ・ハリスとジョン・カラム主演のブロードウェイ・ミュージカルをもとに作られたが、脚本家で作詞家のアラン・ジェイ・ラーナーが超能力(ESP)現象に魅了されたのが製作の動機となった。デイジーには、バーブラ・ストライサンドが演じ、現代のニューヨーク娘、花に話しかけて大きくすることが出来、またいつ電話がかかってくるかを予知する能力を持っている。精神科医マルク・シャボーには、イヴ・モンタンが演じている。デイジーは催眠術をかけられると、前世はイギリスの摂取時代(1811〜20)に上流社会をのぼりつめたメリンダ・テントリースだと、告白する・・・。

(アメリカ映画 Paramount Color 129 min.)

(リリース:1970年6月17日・USA)
(1971年1月3日:本邦公開)
(DVD)

「cast」
バーブラ・ストライサンド
イヴ・モンタン
ボブ・ニューハート
ラリー・ブライデン
サイモン・オークランド
ジャック・ニコルソン
ジョン・リチャードソン
パメラ・ブラウン
イレーネ・ハンドル
ロイ・キネアー

  ■スペーサー
「staff」
製作:ハワード・W・コッチ
監督:ヴィンセント・ミネリ
作詩・脚本:アラン・ジェイ・ラーナー
作曲:バートン・レーン
編曲:ネルソン・リドル
振付:ハワード・ジェフリー
撮影:ハリー・ストラドリング
衣装(デザイン):アーノルド・スキャッシ
編集:デヴィット・ブレザートン


See large image
  「晴れた日に永遠が見える」詳細解説ページ
 (On a Clear Day You Can See Forever Description Site)




 9.星の王子さま (The Little Prince) (1974)

パイロットの(リチャード・カイリー)は、小さい頃、ウワバミが象をのんだ絵を描いたが、大人たちにそれは帽子だと笑われ、そんな大人たちに失望したパイロットは、大人になると飛行機乗りになって、空と星を友達にして暮らして来た。だが、ある時、飛行機の故障で砂漠の真中に不時着しまった。翌朝、飛行機を修理をしていると声をかけられ、「ねえ、羊の絵を描いてくれない」と、それは星の王子さま(スティーヴン・ワーナー)であったが・・・

本作は「星の王子さま」(サン=テグジュペリによる随筆集)を基にスタンリー・ドーネンがミュージカル映画化したもので、脚本・作詞は、アラン・ジェイ・ラーナー、作曲は、フレデリック・ローが担当した。「星の王子さま」(フランス語原題 Le Petit Prince)は、フランス人の飛行士で小説家であるアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの代表作であり、1943年にアメリカで出版された。

児童文学ながら、中身は子供の心を失ってしまった大人に向けての示唆に富んでいて、「大切なものは、目に見えない」(内藤濯の訳。直訳は「本質は眼では見えない」)を始めとした本作の言葉は、生命とは、愛とはといった人生の重要な問題に答える指針として広く知られている。

(アメリカ映画 Paramount Color 88 min.)

(リリース:1974年9月7日・USA)
(1975年7月19日:本邦公開)
(DVD)

「cast」
リチャード・カイリー
スティーヴン・ワーナー
ボブ・フォッシー
ジーン・ワイルダー
ドナ・マッケニー
  ■スペーサー
「staff」
製作・監督:スタンリー・ドーネン)
アソシエイト・プロデューサー:A・ジョゼフ・タンデ
原作:アントワーヌ・ド・サン・テグジュペリ
脚本:アラン・ジェイ・ラーナー
撮影:クリストファー・チャリス
音楽:フレデリック・ロー
作詞:アラン・ジェイ・ラーナー
美術:ノーマン・レイノルズ
振り付け:ボブ・フォッシー、ロン・フォレッラ


See large image


  「星の王子さま」詳細解説ページ
 (The Little Prince Description Site)