戻ります





SEVEN BRIDES FOR SEVEN BROTHERS
(略奪された7人の花嫁)(1954)



Seven Brides for Seven Brothers (1954), is a musical film, photographed in Ansco Color in the CinemaScope format. The film was directed by Stanley Donen, with music by Saul Chaplin and Gene de Paul and lyrics by Johnny Mercer, and choreography by Michael Kidd. The screenplay, by Albert Hackett, Frances Goodrich, and Dorothy Kingsley, is based on the short story "The Sobbin' Women", by Stephen Vincent Benet, which was based in turn on the Ancient Roman legend of The Rape of the Sabine Women. Seven Brides for Seven Brothers, which is set in Oregon in 1850, is particularly known for Kidd's unusual choreography, which makes dance numbers out of such mundane frontier pursuits as chopping wood and raising a barn. Film critic Stephanie Zacharek has called the barn-raising sequence in Seven Brides "one of the most rousing dance numbers ever put on screen."

Seven Brides for Seven Brothers won the Academy Award for Best Scoring of a Musical Picture and was nominated for four additional awards, including Best Picture of the Year (which lost the award to Elia Kazan's On the Waterfront). In 2006, American Film Institute named Seven Brides for Seven Brothers as one of the best American musical films ever made.



Plot

A backwoodsman named Adam Pontipee comes to town to search for a bride. He and Milly agree to marry despite knowing each other for only a few hours. On returning to his cabin in the mountains, Milly is surprised to learn that Adam is one of seven brothers living under the same roof. The brothers have been named alphabetically from the Old Testament and in chronological order are: Adam, Benjamin, Caleb, Daniel, Ephraim, Frank (short for Frankincense, the Old Testament having no names beginning with F), and Gideon. All of the brothers have red hair and are well over six feet tall, except Gideon, who is younger and shorter than his brothers.

Poster
Seven Brides for Seven Brothers "Main Title"
Milly teaches Adam's rowdy, ill-behaved younger brothers manners and social mores. She also shows them how to dance. At first, the brothers have a hard time changing from their "mountain man" ways, but eventually each comes to see that the only way he will get a woman of his own is to do things Milly's way. They are able to test their new manners at a barn-raising, where they meet six women they like ? Dorcas, Ruth, Martha, Liza, Sarah and Alice ? and the women take a fancy to the brothers as well. The women, however, already have suitors from the town, who jealously taunt the brothers into fighting during the barn-raising. At first the brothers try to resist and remember Milly's teaching, but Adam refuses to let himself be pushed around by the rival suitors, whom he sees as cowards taking advantage of his younger brothers. The rival suitors finally go too far when they attack Adam, which provokes Gideon into fighting back. A fierce brawl ensues in which the brothers dominate their physically weaker rivals. Although the brothers do not start the fight, they are banished from the town after destroying the barn in the process of fighting.

Winter arrives, with the six younger brothers pining for the women. Adam reads his brothers the story of "Sobbin' Women" (taken from Plutarch's story of the Sabine Women) and tells them that they should stop moping around and take whatever action is necessary to get the women back. Aided by Adam, the brothers kidnap the women, then cause an avalanche so that they cannot be followed by the townspeople. They have, however, forgotten to kidnap a preacher. Milly is furious at Adam, as are the women at having been kidnapped. Milly consigns the brothers to the barn "with the rest of the livestock" while the women live in the house. Adam, surprised and offended by Milly's reaction, leaves for the trapping cabin further up the mountain to live out the winter by himself. Soon after, Milly realizes that she is pregnant with Adam's child.

Poster
Seven brides for seven brothers(1954)"Trailer"
Months pass, and the women vent their frustration and resentment by playing pranks on the brothers, such as hitting them with rock-filled snowballs. The men fall in line. By spring, the women have forgiven and fallen in love with the brothers, who are now allowed to court them. Milly gives birth to a daughter, Hannah. Gideon rides to the cabin to inform Adam of his daughter's arrival and asks him to come home. Adam refuses, saying that he had said he would return home only when the snow had melted enough and the pass was open once more to traffic. Having time to think about his baby daughter, Adam returns home in the spring just as the pass is opening and reconciles with Milly. As a newly responsible father, he has become aware of how worried the townspeople would be about what has happened to the women. Adam realizes he was wrong to tell his brothers to kidnap the women. He tells his brothers they need to take the women back to their homes in the town, but his brothers are unwilling.

The women also do not want to return to their homes; they all want to stay at the farm with their new suitors and thus hide so they will not be taken back home. When Milly discovers that the women are not in the house, Adam tells his brothers to go after them and bring them back. The townspeople arrive, with the intention of taking vengeance against the brothers for the kidnappings. Upon finding the brothers trying to force the women to return, the fathers believe their daughters are being assaulted, and charge to their rescue. Alice's father (Ian Wolfe), a preacher, hears baby Hannah cry in the distance, and worries that the baby might belong to one of the women. The fighting is finally sorted out and the fathers, and other townsmen, round up the brothers and announce that they intend to hang them.

Alice's father asks the women whose baby he heard. They all decide, simultaneously, to claim the baby as their own. This misinformation gives the women and the brothers their wish: the townspeople insist that all six couples marry immediately in a shotgun wedding.



Cast

Brothers and their Brides:
Howard Keel as Adam and Jane Powell as Milly
Jeff Richards as Benjamin and Julie Newmar (Newmeyer) as Dorcas
Matt Mattox as Caleb and Ruta Kilmonis as Ruth
Marc Platt as Daniel and Norma Doggett as Martha
Jacques d'Amboise as Ephraim and Virginia Gibson as Liza
Tommy Rall as Frank and Betty Carr as Sarah
Russ Tamblyn as Gideon and Nancy Kilgas as Alice

Jane Powell & Howard Keel
Documentary-Seven Brides For Seven Brothers 1
To perform the electrifying dance numbers and grueling action sequences, choreographer Michael Kidd wanted dancers to portray all six of Adam Pontipee's rough and tumble brothers. Kidd said that he "had to find a way to have these backwoods men dance without looking ridiculous. I had to base it all around activities you would accept from such people --- it couldn't look like ballet. And it could only have been done by superbly trained dancers." However, he was able to integrate into the cast two non-dancer MGM contract players who were assigned to the film, Jeff Richards, who performed just the simpler dance numbers, and Russ Tamblyn, utilizing him in the dance numbers by exploiting his talents as a gymnast and tumbler.

The other four brothers were portrayed by professional dancers ? Matt Mattox, Marc Platt, Tommy Rall, and Jacques d'Amboise. All four balanced on a beam together during their famous barn-raising dance.

The wood-chopping scene in Lonesome Polecat was filmed in a single take.

Performer
Documentary-Seven Brides For Seven Brothers 2
Adam (light green shirt): Howard Keel, a professional singer, appeared as the eldest of the seven brothers. He also appeared as Petruchio in the film version of Kiss Me Kate, as well as appearing, in leading roles, in other musical films including Rose Marie and Show Boat.

Benjamin (orange shirt): Jeff Richards was a former professional baseball player who topped out at the AAA level of the minor leagues. Although obviously athletic, he is noticeably in the background, seated, or standing during the dance numbers so as to not expose his lesser dancing skills. Unfortunately this often relegated his partner, the classically trained ballet dancer Julie Newmar, to the background as well.

Caleb (yellow shirt): Matt Mattox, a professional dancer, appeared on stage on Broadway and also danced in many Hollywood musical films. His singing voice for the film was dubbed by Bill Lee.

Daniel (mauve shirt): Marc Platt, a professional dancer, danced the role of Chalmers / Dream Curly in the original 1943 Broadway production of Oklahoma! and also had a dancing / speaking role in the 1955 film version of Oklahoma! as the friend of Curly who bought Curly's saddle for $10 at the auction and who said that Ado Annie's pie had given him a 'three day bellyache'.

Ephraim (dark green shirt): Jacques d'Amboise, a principal dancer with New York City Ballet, was given special leave for the filming of "Seven Brides for Seven Brothers" (although he was recalled before filming was completed). He also danced in other musical films, including the role of the Starlight Carnival "barker" in the film Carousel (in which he partnered Susan Luckey in Louise's ballet). The Academy Award winning, and Tony Award winning documentary film, He Makes Me Feel Like Dancin' is about Jacques d'Amboise and his teaching children how to dance.

Frank (red shirt): Tommy Rall, a professional dancer and singer, appeared on stage on Broadway, as well as in many musical films. These included the role of Bill Calhoun (Lucentio) in the film version of Kiss Me Kate ? and as one of the Gallini brothers in the film Merry Andrew (including him being one of the three featured acrobatic dancers in the circus engagement scene ? Tommy Rall is the dancer in the center wearing the red shirt). He was also in the film Funny Girl, in the role of the Prince who partnered Barbra Streisand in a parody of the ballet Swan Lake.

Gideon (blue shirt): Russ Tamblyn beat Morton Downey Jr. for the role of youngest brother Gideon. Tamblyn showcased his gymnastics training throughout the action sequences.

Brides

Performer
Documentary-Seven Brides For Seven Brothers 3
Professional dancers played all seven of the brides.

The four girls, who Adam sees in the Bixby store when he first goes into town, are Dorcas, Ruth, Liza and Sarah.

Milly: Jane Powell, channeled her experiences growing up in Oregon to create Milly. She and Howard Keel would later reprise their roles in a Seven Brides for Seven Brothers stage revival. She also appeared in dancing and singing roles in many other musical films, including Royal Wedding, and Rich, Young and Pretty and also A Date with Judy.

Dorcas: Julie Newmar (Newmeyer), a classically trained ballerina, would later rise to fame as Catwoman in the 1960s TV version of Batman. She also won a Supporting Actress Tony Award for The Marriage-Go-Round (starring Claudette Colbert). She appeared on her neighbor James Belushi's sitcom According to Jim after the two settled a highly publicized lawsuit. Her singing voice for the film was dubbed by Betty Allen.

Ruth: Ruta Kilmonis enjoyed a long stage and television career, working with Lucille Ball, Sammy Davis, Jr., Elizabeth Taylor, Natalie Wood, and Frank Sinatra. Lee appeared in the sitcom Roseanne as the first girlfriend of Roseanne's mother. Her singing parts for the film were dubbed in post-production by Betty Noyes.

Martha: Norma Doggett performed in the 1940s-50s Broadway shows Bells Are Ringing, Fanny, Wish You Were Here, Miss Liberty, and Magdalena. Her singing voice for the film was dubbed by Bobbie Canvin.

Liza: Virginia Gibson was nominated for a Tony Award in 1957 and performed regularly, as singer and dancer, on the Johnny Carson show.

Sarah: Betty Carr was also a Broadway veteran, dancing in Damn Yankees, Happy Hunting, Mask and Gown, and Fanny (alongside Norma Doggett). Her singing voice for the film was dubbed by Norma Zimmer.

Alice: Nancy Kilgas made her film debut in Seven Brides for Seven Brothers. She danced in the film versions of Oklahoma!, Shake, Rattle & Rock!, and Alfred Hitchcock's Torn Curtain. Her singing voice for the film was dubbed by Marie Greene.

Townspeople

Reverend Elcott (Ian Wolfe) is the local preacher and father of Alice, one of the brides. He is the officiant in both wedding ceremonies in the movie.




Production

Choreographer Michael Kidd originally turned down the film, recalling in 1997: "Here are these slobs living off in the woods. They have no schooling, they are uncouth, there's manure on the floor, the cows come in and out - and they're gonna get up and dance? We'd be laughed out of the house."

Lyricist Johnny Mercer said that the musical numbers were written at Kidd's behest, as an example "of how a songwriter sometimes has to take his cue from his collaborators." For example, Kidd explained to Mercer and dePaul his conception of the "Lonesome Polecat" number, the lament of the brothers for the women, and the two worked out the music and lyrics.

In his introduction to a showing on Turner Classic Movies on January 17, 2009, host Robert Osborne, as well as Jane Powell in her autobiography, The Girl Next Door, both say MGM was much less interested in Seven Brides than it was in Brigadoon which was also filming at the time, even cutting its budget and transferring the money to the Lerner and Loewe vehicle.

On the 2004 DVD commentary, Stanley Donen states that the film was originally shot in two versions, one in CinemaScope and another in normal ratio, because MGM was concerned that not all theaters had the capability to screen it. Despite the fact that it cost more than the widescreen version to make, he says, the other version was never used. However both versions are available on the 2004 DVD release.

The dresses worn by the female cast were made from old quilts that costume designer Walter Plunkett found at the Salvation Army.



Reception

The movie was the 5th most popular film at the British box office in 1955. According to MGM records it made $5,526,000 in the US and Canada and $3,877,000 elsewhere resulting in a profit of $3,198,000.

Seven Brides for Seven Brothers came in third in a BBC Radio 2 listener poll of the UK's "Number One Essential Musicals" and was listed as number eight in the "Top 10 MGM musicals" in the book Top 10 of Film by Russell Ash. In 2004, this film was selected for preservation in the United States National Film Registry as being deemed "culturally, historically, or aesthetically significant." In 2006, the film was ranked on the American Film Institute's list of best musicals. In 2008, the film was ranked number 464 in Empire magazine's list of the 500 greatest films of all time.

The film has been criticized by feminists for its favorable depiction of abduction and kidnapping. It has been described as an "incredibly sexist, misogynist" film which "romanticizes gender oppression." (From Wikipedia, the free encyclopedia)



 For more information "Seven Brides for Seven Brothers" visit the IMDb





 掠奪された7人の花嫁(1954)

この作品は、アメリカのピュリツァー受賞作家スティーヴン・ヴィンセント・ベネット(Stephen Vincent Benet)(1989〜1943)の原作「すすり泣く女たち」(The Sobbin' Women)がもとになっているが、彼の作品は民話や伝承など取材した作品が多く、古代ギリシャの作家プルターク(Plutarch)(46頃〜120頃)の「サビーネの女たちの掠奪」がもともとの原作となっている。

「プルターク英雄伝」には、ローマの建設者と言われるロームルスという人物伝の中に、「ローメ」(ローマのギリシャ名)という偉大な名はどのような原因によって、この都市についたかが伝記の中で紹介されている。ギリシャの先住民族(ベラスゴイ族)が、歩き回り、大部分の人間を征服してここに定住し、武器によるローメ(力を示すギリシャ語)にちなんでこの名を付けたというものである。

もう一つは、トロヤが落ちたとき、逃げ延びた何人かが船に乗り、風に運ばれ、ローマから東北一帯の海岸地方(エルトリヤ)に到着、ローマに流れるテイベリスの岸に錨を下ろした。ところが、その中の女達が、つくづく海の生活が嫌になっていたところを見たローメーという男が、船を焼いてしまおうと勝手に実行してしまった。他の男たちは怒ったが、結局仕方なくローマの七丘の1つであるパルランディオンのあたりに住居を定めるうちに、豊穣な土地ということもわかり、近くの住民たちも快く迎えてくれ、しばらくの間予想以上の成果を収めたので、この町に名を付け、この人が元であることにしたといわれる。

女が親類の人や自分の夫に口をつけて挨拶する習慣は、その時に始まったという。この女達が、船を焼いてしまった後、女たちは、男達に願って怒りを鎮めるために、そうやって機嫌をとり好意を示した。これが接吻の始まりだという。それに、今に至るまで花嫁が寝室に入るとき、自分で閾をまたぐことなく、持ち上げられて運び入れられるのは、あの時、娘達が無理やりに連れて来られ、自分で入ったからではないからだということで、この風習が残っている。

数ある伝説の中では、町に名を与えたのは「ロームルス」という説もあり、ロームルスは、ローマ都市建設始めたのは、紀元前753年の4月21日にあたると言われるが、都市建設後4ヶ月目に、ロームルスは、ローマ東方にいたサビーニー族(ローマの東北にいた種族)の婦女掠奪を行った。ある人は、30人ばかりの処女を捕らえたというが、527人とも683人とも云われる。人妻は捕まえなかったというが、ただ、1人ヘルシアだけは兵隊たちの不注意のためにつかまった。これは傲慢や邪念から掠奪したのではなく、最も親密な血族関係を結ぼうと図ったものであったという。

映画は、この作品の故事を現代版のコメディ化としたもので、舞台はテネシー・ヴァレーから、1850年のオレゴンの癖地に移して、アメリカらしいストーリーになっている。この映画は、数多くのMGMのミュージカルのなかでも、最も優れた作品のひとつといえるもので、ヴァイタリテイに溢れたダイナミックで実に躍動的な歌やダンス・ナンバーが展開される。

title
Seven brides for seven brothers(1954)
"Bless Yore Beautiful Hide"

アメリカ開拓期の中西部の山奥を舞台に、むさ苦しいヒゲ男達が陽気にモダン・バレエを踊り、目も眩むばかりのスピーディなバレエ・ナンバーは、ヒルビリー(hillbilly)調(カントリー・アンド・ウエスタンの初期のスタイル。1920〜40年代のアメリカ合衆国南部山岳地帯の民俗音楽)で、自然なリズム感の音楽や愉快なセリフといい、ミュージカル・センスが漲った、それでいて素朴で抒情的な物語となっているが、何よりダンスを思い切り取り入れ、6人のポンティピー兄弟全員がダンスの名手であり、また、花嫁の女性達もバレリーナ、ブロードウェイ・ミュージカルやショー・ダンサーなどで活躍しているだけに若い肢体が躍動し、息の合った素晴らしいダンスを演じていることにある。

Howard Keel & Jane Powell
Seven brides for seven brothers(1954)
"Wonderful, Wonderful Day"

農夫のアダム・ポンティピー(ハワード・キール)は妻を探しに町にやって来て、レストランで働く料理の上手なミリー(ジェーン・パウエル)を見つける。山には農場があり、森もあり、羊と牛を飼い、麦畑も50エーカーあるが、ただ女手がないと言って結婚を迫るが、東部なら日曜に教会で会い、半年後に家族の許しを得、それに2年後の水曜日の夜ごとに君を訪ねやっとプロポーズに辿りくつのだろうが、ここじゃそんな暇はない、直ぐに帰らなければならず、今度、町に来るのは5ヵ月後だという。

ミリーもアダムに好感を抱き一目ぼれ、2人は町の牧師を立会人に結婚する。人里離れた山奥の農家にはアダムと同居する粗野で無愛想な6人の弟たちがいることをミリーは思いもよらずに知り、困惑し、荒々しいポンティピー兄弟の散らかし放題の家の中を見てすっかり幻滅を感じてしまう。

Poster
Seven brides for seven brothers(1954)
"Goin' Co'tin'"

この7人、長男がアダム(Adam)で、順にベンジャミン(Benjamin)、カレブ(Caleb)、ダニエル(Daniel)、エフレム(Ephraim)とABC順に、おふくろさんが付けたが、Zまでいかずにギデオン(Gideon)が生まれた日におやじさんは、木の下敷きになった。

6人目のフランク(Frank)は、聖書にFが見つからないのでニック・ネームでかわいいというフラワーをつけた。何とも機知とユーモアに満ちている。

Poster
Seven brides for seven brothers(1954)
"When You're In Love"

弟たちは兄が美しい嫁さんをもらったので急に女が恋しくなり、町に出かけて娘たちにモーションをかければ、山奥育ち丸出しの失敗の連続で笑いものになるばかりだったが、そこでミリーは、6人に世間のマナーや恋いの手ほどきを授ける。ダンスを習って、ヒゲも剃って身なりをさっぱりとして、男っぷりがよくなった6人は、再びガール・ハントに挑戦する。

Performer
Seven brides for seven brothers(1954)
"Barn Raising Dance"

今度はジェントルマンぶりで町の娘たちと楽しく踊るが、やっかむ町の若者達とダンス競技が喧嘩となって大格闘がはじまる。娘たちを交互に奪いあって踊り、アクロバットや力くらべなどを競い、板を利用した痛快でスピーディなダンス・ナンバーが展開される。

納屋建て競技が、町の若者たちとの乱闘に発展、『ハウス・ライジング・ダンス』(House-Raising Dance)は、きわめつけのシーンとなっている。

Performer
Seven brides for seven brothers(1954)
"Lonesome Polecat"

やがて、山奥の農場に帰った6人は娘達が忘れられずに恋煩いとなってしまい、雪に埋もれたポンティピー家で女友達がいなくて悲惨だと訴え、立ち木をノコギリで切ったり斧で割りながらスロー・テンポで歌う『寂しい山猫』(Lonesome Polecat)は、たきぎを割るサウンド効果を生かしている。この歌曲は西部の古い民謡から取材したという。

折角のロマンスのチャンスを失った兄弟は、冬を迎えて憂鬱な日々を過ごしているが、それを見たアダムは、古代ローマ人は、町を襲ってそれぞれ結婚相手をさらって来た話をして智恵をつけてやる。

Performer
Seven brides for seven brothers(1954)
"June Bride"

ある夜、弟たちはローマ時代の伝説どおり、4頭立ての馬車で町から娘たちをさらってきてしまう。道は雪崩で塞がれ追っ手は阻まれ、娘達は町へ帰れずすすり泣く。ミリーは、暴挙に驚き、男たちを納屋へ押し込め、娘たちは、自分と一緒に母屋で過ごし花嫁教育をする。

やがて、春が来ると、町の人たちが武器をもって娘たちを取り返しにやって来るが、何と娘たちは、兄弟と手をとりあって町人に反抗、折もおり、ミリーに女の子が誕生し、『6月の花嫁』(June Bride)から「春、春、春」の結婚式へ、押し寄せた人々を立会人に、6組の結婚式が賑やかにとり行われ、一気に盛り上がって躍動感みなぎる群舞となる。

とりもなおさず7人の兄弟と7人の娘たちの群舞とコーラス・ラインなどの舞台的要素が極めて洗練された素晴らしいシネ・ミュージカルとなっている。

Performer
Seven brides for seven brothers(1954)
"Spring, Spring, Spring"

アダムに扮したハワード・キールの男性的魅力と朗々たる歌声、ミリーに扮したキュートなジェーン・パウエルの明るいソプラノ、ジョーニー・マーサー作詞、ジーン・デ・ポール作曲のベスト・マッチングした歌曲の数々、これ以上望むべくもない音楽が詰まっている。すぐれた音楽が多くの人々に愛され、人間融和や心の団結となってきた例は少なくない。東日本大震災であるラジオ局に一番多かった要望は、「音楽を流してほしい」というものであったという。死の危機を脱したゲーテは、「なによりも奇蹟的なことは、私に働きかけた音楽の恐ろしいばかりの力だ!音楽は心を優しく解きほぐしてくれる。」確かにモーツアルトは心を癒し、ベートーヴェンは元気を与えてくれる。この映画は、製作されて60年が経過するが、何よりもスピードが優先される今日この頃、そんな忙しいヒトに、また若い世代の人たちに、劇中で歌われる音楽が如何に素晴らしい。

2004年、この映画は「文化的、歴史的、芸術的」に重要と考えられアメリカ国立フィルム登録簿(National Film Registry)に保存された。(アメリカ国立フィルム保存委員会(United States National Film Preservation Board)は、アメリカ議会図書館に永久保存するフィルムを選択、保存するアメリカ合衆国の制度。)

『掠奪された7人の花嫁』は、1952年にジョーニー・マーサー作詞、ジーン・デ・ポール作曲、ジョシュア・ローガン演出でブロードウェイ・ミュージカル上演の企画がされたが、実現せず、MGMで映画化され大成功した。1983年にブロードウェイで初めて上演されたが、わずか1週間で幕が下ろされた。映画が大成功を収めたのは、シナリオ・ライターのフランシス・グッドリッチとアルバート・ハケットの脚色と機知に溢れたセリフの名人ドロシー・キングスレーが参加した脚本のすぐれたところに負うところが大きいといわれる。ロケなしのオール・スタジオ撮影でありながら、山奥のすがすがしさを感じさせられる。



ジョーニー・マーサー(Johnny Mercer)(1909〜1976)

この映画の歌曲の作詞を書いたジョーニー・マーサーは、アーヴィング・バーリン、コール・ポーター、ロレンツ・ハート、オスカー・ハマーシュタインU世、ジェローム・カーン、ハリー・ウォレーン、ハロルド・ローレン、ヘンリー・マンシーニなどとコンビを組んで数え切れないほどの名曲を残したアメリカの国民的作詞家と言われる。ジョージア州サヴァンナに生まれ、少年時代に地方劇団に加わって巡業し、ニューヨークでポール・ホワイトマン楽団のシンガー・ソングライターとしてキャリアーをスタートさせ、1935年にハリウッドで映画のための曲を書き始めた。

ホーギー・カーマイケルが作曲した「レイジーボーンズ」(Lazybones)(1933年に書かれたティン・パン・アレーの楽曲)の作詞をしてヒットを飛ばした。MGMミュージカル『ハーヴェイ・ガールズ』 (The Harvey Girls)(1946)(未公開) 、『テイファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's)(1961)や『酒とバラの日々』(Days of Wine and Roses)(1962)ではヘンリー・マンシーニの曲に歌詞を書き、1962年アカデミー歌曲賞を受賞している。ブロードウェイ・ミュージカルは、1946年、作曲ハロルド・アーレンと組んで『セントルイスの女』(ST.Louis Woman)を上演し、ニューヨーク公演で113回上演され、1956年には、作曲ジーン・デ・ボールと組んで『リル・アブナー』(Li'l Abner)をニューヨーク、セントジェームス劇場で693回上演されている。



スティーブン・ヴィンセント・ベネット(Stephen Vincent Benet)の映画化作品

『世界の英雄』(Abraham Lincoln)(1930)(アメリカ映画)(D.W. Griffith Productions/United Artists)
(脚本、台詞)監督 デイヴィッド・ウォーク・グリフィス 出演ルシル・ラ・ヴァーン、ウィリアム・L・ソーン(未公開)

『悪魔の金』(All That Money Can Buy)(1941)(アメリカ映画)(William Dieterle Productions/RKO Radio Pictures)
(原作、脚色)、監督ウィリアム・ディターレ、出演エドワード・アーノルド、ウォルター・ヒューストン (日本公開1948年8月3日)

『美しき生涯』(Cheers for Miss Bishop)(1941年)(アメリカ映画)(Richard A. Rowland Productions/United Artists)
(脚色)、監督ティー・ガーネット、出演マーサ・スコット、ウィリアム・ガーガン (未公開)

『掠奪された七人の花嫁』(Seven Brides for Seven Brothers)(1954)(アメリカ映画)(Metro-Goldwyn-Mayer)
(原作)、監督スタンリー・ドーネン、出演ハワード・キール、ジェーン・パウエル (日本公開1954年10月26日)



Seven Brides for Seven Brothers "Family"


ポンテピィー家の兄弟

(長男)アダム(Adam):ハワード・キール(Howard Keel)(1919〜2004)

1919年4月13日、イリノイ州ギレスビーに生まれ、カルフォルニア職業高校を出て航空機製造工場で働きながら、夜は声楽を学び、数々の声楽コンクールで優勝し、ドサ回りのオペラやミュージカル劇団で歌うようになった。オスカー・ハマースタインU世は、ブロードウェイ公演『回転木馬』(Carousel)(開幕1945年4月)のジョン・レイットの代役の間の1946年にハワード・キールを発見し、彼はビリー・ビゲローの役でオーディションを受け、更に『オクラホマ!』のロンドン公演でアルフレッド・ドレークの代役をつとめた。この人気にMGMは目をつけ長期契約を結び数々のミュージカル映画に出演している。2004年11月7日、85歳でカルフォルニアで亡くなった。

(次男)ベンジャミン(Benjamin):ジェフ・リチャーズ(Jeff Richards)(1924〜1989)

1924年11月1日、オレゴン州ポートランドに生まれ、ハイスクールでは万年選手、卒業後はプロ野球入りしてポートランド・ビーヴァーズなどで活躍した。戦争中は海軍に入隊、復員後俳優に転じた。1989年7月28日、64歳でカルフォルニアで亡くなった。

(三男)カレブ(Caleb):マット・マトックス(Matt Mattox)(1921〜2013)

1921年8月18日、オクラホマ州タルサで生まれ、ダンス教師から映画に転じ、『メリー・ウイドウ』(The Merry Widow)(1952)、『マダムと呼んで』(Call Me Madam)(1953)、『バンド・ワゴン』(The Band Wagon )(1953)などミュージカル・ダンサーとして出演、その後、舞台に出ていたところをジャック・カミングに発見された。彼だけ歌はビリー・リー(Bill Lee)が吹替えている。2013年2月18日、91歳でフランスで亡くなった。

(四男)ダニエル(Daniel):マーク・プラット(Marc Platt)(1913〜2014)

1913年12月2日、カルフォルニア州パサデナで生まれ、子役として舞台に立ちバレエ・ラッシーという子供バレエ団に加わってヨーロッパまで遠征し、『オクラホマ!』(Oklahoma!)(1955)でダンサーとして出演し、その後テレビで活躍している。2014年3月29日、カルフォルニアで100歳で亡くなった。

(五男)エフレム(Ephraim):ジャック・ダンボアーズ(Jacques d'Amboise)(1934〜)

1934年7月28日、マサチューセッツ州で生まれ、バレエ学校で訓練を受け、20歳でニューヨーク・シティ・バレエ団の花形になり、ハリウッド公演に参加したとき注目を浴び、本作の映画のために借用された。1976年には、子供のバレエを教えるためにニューヨークの国立の舞踊研究所を設立した。

(六男)フランク(Frank):トミー・ロール(Tommy Rall)(1929〜)

1929年12月27日、ミズリー州カンサス市で生まれ、幼い頃から体を丈夫にするためバレエを学び、8歳でニューヨークのアメリカン・バレエ・シアターに入り、ブロードウェイ・ミュージカルでリード・ダンサーをつとめていたところをジーン・ケリーに見出され『キス・ミー・ケイト』(Kiss Me Kate)(1953)に推薦した。『ジーグフェルド・フォリーズ』(Ziegfeld Follies)(1945)ではコーラス、『グット・ニュース』(Good News)(1947)ではダンサーとして出演している。

(七男)ギデオン(Gideon):ラス・タンブリン(Russ Tamblyn)(1934〜)

1934年12月30日、カルフォルニア州ロスアンゼルスで生まれ、5歳からアクロバット・ダンスで鍛え、舞踊学校に学んでタンバリンのチャンピオンになった。映画は、『緑色の髪の少年』(The Boy with Green Hair)(1948)(RKO Radio Pictures)(日本公開1950年3月7日)でデビュー、『別動隊』(Captain Carey, U.S.A.)( 1950)、『艦隊は踊る』(Hit the Deck) (1955)など数多くの映画に出演している。



花嫁たち

Performer
ミリー(Milly):ジェーン・パウエル(Jane Powell)(1929〜)

1929年4月1日、オレゴン州、ポートランドで生まれ、パン職人の父と母との間に誕生した一人娘で、2歳でダンス・レッスンを始めた。1951年の『恋愛準決勝戦』(Royal Wedding)では、不世出の天才ダンサー、フレッド・アステアと共演し、見事な歌と踊りを披露したが、ロバート・オズボーンは、パウエルとアステアの機知に富んだ歌と踊りを絶賛している。本作では、より円熟した人物を演じる機会が与えられ、ミリーを演じた彼女は、157センチという小柄にもかかわらず、キュートな娘役を大胆に演じ、「素晴らしきこの日」(Wonderful, Wonderful Day)は、情緒豊かに歌い上げてとても素晴らしく、『貴方が恋いにおちた時』(When You're in Love)のレコードは、ゴールデン・セラーを記録している。

他に『ホリディ・イン・メキシコ』(Holiday in Mexico)(1946)、『スイングの少女』(A Date with Judy)(1948)、『スモール・タウン・ガール』(Small Town Girl)(1953)、『アテナ』(Athena)(1954)、『艦隊は踊る』(Hit the Deck)(1955)などあるが、何れも輸入版である。

ドルカス(Dorcas):ジュリー・ニューマー(Julie Newmar)(1933〜)

1933年8月16日、ロスアンゼルスで生まれ、幼い頃からピアノ、ダンス、クラシック・バレエを勉強し、15 歳でハイスクールを卒業すると、母親、兄と一緒にヨーロッパをツアーで過ごした。その後、ロスアンゼルスのライト・オペラ・カンパニーのプリマ・バレリーナになり、古典的なピアノ、哲学、フランス語を勉強するためUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)に学び、ブロードウェイ・ミュージカル『絹の靴下』(Silk Stockings)(1955年2月24日、インペリア劇場で開幕)バレリーナとしてデビューした。

古典的訓練されたバレリーナは、1960年代のバットマン、テレビ・シリーズキャット・ウーマンとして活躍した。本作では、彼女の歌声はベティ・アレン(Betty Allen)によって吹替えされている。

ルース(Ruth):ルタ・リー(as Ruta Kilmonis)(1935〜)

1935年5月30日、カナダ、モントリオールで生まれ、ボストンやニューヨーク、後にロスアンゼルスでTVショーに出演、ジャック・カミングスに見出された本作に出演することになったが、歌う部分はベティ・ノイズ(Betty Noyes)が吹替えしている。サミー・デイビス・Jr.、エリザベス・テーラー、ナタリー・ウッドやフランクシナトラなどと共演、長い期間テレビで活躍した。

マーサ(Martha):ノーマ・デゲット(Norma Doggett)(1940〜)

1940年代の50年代ブロードウェイで活躍したダンサーで、振付師のマイケル・キッドに認められ映画デビューとなった。本作での歌声はボビー・キャンヴィン(Bobbie Canvin)が吹替えている。

サラ(Sarah):ベティ・カー(Betty Carr)(1929〜2008)

1929年3月31日、イリノイ州シカゴで生まれ、ロスアンゼルスのナイトクラブのダンサーやブロードウェイで活躍したベテラン、本作での歌声はノーマ・ジンマー(Norma Zimmer)が吹替えている。2008年8月31日、フロリダで79歳で亡くなった。

ライザ(Liza):ヴァジニア・ギブソン(Virginia Gibson)(1928〜2013)

1928年4月9日、ミズリー州セントルイスで生まれ、セントルイスの劇場の舞台に立った後、TVなどに出演しながらブロードウェイにも進出し、映画では、本作の他『パリの恋人』(Funny Face) (1957) などにも出演した。1957年のジョニー・カーソン・ショウでは、歌と踊りでトニー賞にノミネートされ、TVでの活躍が多い。2013年4月25日、ペンシシルベニアで85歳で亡くなった。

アリス(Alice):ナンシー・キルガス(Nancy Kilgas)(1930〜)

1930年11月7日、アメリカ生まれ、ミュージカル・ショー・ダンサーで、本作の『略奪された7人の花嫁』(1954)で映画デビュー、ミュージカル『アテネ』(Athena)(1954)や『オクラホマ!』(1955)などダンサーとして出演、1957年の『パリの恋人』(Funny Face)にも出演し、その後TVで活躍した。1966年のヒッチコックの『引き裂かれたカーテン』(Torn Curtain)では、バレエのメンバーとして出ている。本作での歌声はマリー・グリーン(Marie Greene)が吹替えている。

受賞 アカデミー作曲賞(ミュージカル映画音楽賞):ソール・チャップリン、アドルフ・ドイチュ
ノミネーション アカデミー作品賞:ジャック・カミングス
アカデミー脚色賞:フランシス・グッドリッチ、アルバート・ハケット、ドロシー・キングスレー
アカデミー撮影賞(カラー):ジョージ・J・フォルシー
アカデミー編集賞:ラルフ・E・ウィンタース
英国アカデミー賞作品賞

(Metro-Goldwyn-Mayer(1954)Color(Ansco)102 min. Aspect Ratio:2.20 : 1)
(リリース:1954年7月22日・USA)
(1954年10月26日:本邦公開)
(LD,DVD)



メデイアの変遷(The change of the media)>


Laserdisc

略奪された7人の花嫁(1954)レーザーディスク
(Seven Brides for Seven Brothers)(1954)LaserDisc

(1984年、レーザーディスク(株)パイオニア(株)販売(MGM/UA Home Video)カラー/NTSC、STEREO、日本語字幕/英語、2面102分)


DVD

略奪された7人の花嫁(1954)DVD
(Seven Brides for Seven Brothers)(1954)

(2008年、ワーナー・ホーム・ビデオ、カラー、画面サイズ:2.35:1、字幕:英語、ポルトガル語、中国語、韓国語、スペイン語、日本語、タイ語、時間:102分)



ハワード・キール(Howard Keel)

Howard Keel ハワード・キール(本名:Harold Clifford Keel)は、1919年4月13日、イリノイ州ギレスビーに生まれたが、父親は石炭坑夫で大酒飲み、母親は厳格なメソジスト教徒で、幼年期は幸せとは云えなかった。彼が11歳の時、父は亡くなり、家族はカリフォルニアに引っ越した。やがて、彼は自動車修理工として生活の糧をへて、第二次世界大戦中はロスアンゼルスのダグラス航空機製造会社で働いた。彼の自然で素晴らしい声は航空機会社のスタッフによって注目され、取引先のための余興に出演することになる。ある日、ハリウッド・ボール(Hollywood Bowl)で専門的に歌うことに感激し、コンサートでは見事に声楽コンクールで優勝した。

オスカー・ハマースタインU世は、ブロードウェイ公演『回転木馬』(Carousel)(開幕1945年4月)のジョン・レイットの代役の間の1946年にハワード・キールに期待し、彼はビリー・ビゲローの役でオーディションを受け、更に『オクラホマ!』のロンドン公演でアルフレッド・ドレークの代役をつとめ、大成功を収めた。イギリスの観客はキールのカリスマ的な歌手に好感を持ち、キールもコンサートを行うためにイギリスに滞在していたが、その間、犯罪ドラマ『-』(The Small Voice)(1948)(as Harold Keel)で映画デビューをした。その後、彼はゴードン・マクレー(Gordon MacRae)とイギリスで出会った時にMGMでのオーファーがあることを知り、名前をハワード・キールに変更してアメリカに戻った。MGMではブロードウェイのミュージカル『アニーよ銃をとれ』の映画化に際し、アニー・オークリーを演じるベティ・ハットン(Betty Hutton)の相手役のフランク・バトラー役にハワード・キールを起用し、この映画は大ヒットし、彼はスターとなった。

"Patricia O'Connor talks with Howard Keel"
それ以来、彼はMGMと長期契約を結び、1951年に『ショウ・ボート』、『テキサス・カーニバル』(1951)、『ラブリー・トゥ・ルック・アト』(1952)、『カラミティ・ジェーン』(1953)、『キス・ミー・ケイト』(1953)、『ローズ・マリー』(1954)、『掠奪された七人の花嫁』(1954)、『我が心に君深く』(1954)等々、1950年代の「ハリウッド黄金時代」に、エロール・フリンやクラーク・ケーブルのような存在でがっしりした体躯でハンサム、それに屈強なバリトンで最も素晴らしいミュージカル映画に10年以上もの間活躍したが、1955年にアン・ブライスと共演した『キスメット』が最後のミュージカル映画となった。その後、『戦う幌馬車』(The War Wagon)(1967)などジョン・ウエインと共演した西部劇やテレビ番組で活躍していた。

私生活では、1943年3月17日、ローズマリー・クーパー(Rosemary Cooper)と結婚、1948年に離婚、翌年1月3日、ヘレン・アンダーソン(Helen Anderson)と再婚、1970年12月10日離婚したが、3子あり、同年12月21日、ジュデイ・キール(Judy Keel)と再婚、1子あり。2004年11月7日、結腸ガンにより85歳でカルフォルニアで亡くなった。

ハワード・キール出演作品
(Filmography:Howard Keel)

『-』(The Small Voice)(1948)as Harold Keel
『アニーよ銃をとれ』(Annie Get Your Gun)(1950)
『ペガン・ラブ・ソング』(Pagan Love Song)(1950)
『-』(Three Guys Named Mike)(1951)

Three Guys Named Mike (1951) "Full Movie"
『ショウ・ボート』(Show Boat)(1951)
『-』(Across the Wide Missouri)(1951)
『テキサス・カーニバル』(Texas Carnival)(1951)
『-』(Callaway Went Thataway)(1951)
『ラブリー・トゥ・ルック・アト』(Lovely to Look At)(1952)
『-』(Desperate Search)(1952)
『-』(Fast Company)(1953)
『荒原の疾走』(Ride, Vaquero!)(1953)
『カラミティ・ジェーン』(Calamity Jane)(1953)

Calamity Jane (1953) "Full Movie"
『キス・ミー・ケイト』(Kiss Me Kate)(1953)
『ローズ・マリー』(Rose Marie)(1954)
『掠奪された七人の花嫁』(Seven Brides for Seven Brothers)(1954)
『我が心に君深く』(Deep in My Heart)(1954)
『-』(Jupiter's Darling)(1955)
『キスメット』(Kismet)(1955)

Kismet (1955) "Full Movie"
『大洪水』(Floods of Fear)(1958)
『聖なる漁夫』(The Big Fisherman)(1959)

The Big Fisherman (1959) "Full Movie"
『機甲兵団』(Armored Command)(1961)
『人類SOS!』(The Day of the Triffids)(1963)

The Day of the Triffids (1963) "Full Movie"
『-』(The Man from Button Willow)(1965)uncredited

The Man from Button Willow (1965) "Full Movie"
『渡り者』(Waco)(1966)

Waco (1966) "Full Movie"
『-』(Red Tomahawk)(1967)
『戦う幌馬車』(The War Wagon)(1967)

The War Wagon (1967) "Full Movie"
『アリゾナの勇者』(Arizona Bushwhackers)(1968)
『ザッツ・エンターテインメントPART3』(That's Entertainment! III)(1994)
『』(My Father's House)(2002)

  TV Series

『-』(Zane Grey Theater)(1957)
『-』(Roberta)(TV Movie)(1958)
『-』(Tales of Wells Fargo)(1961)
『-』(Death Valley Days)(1963)
『キス・ミー・ケイト』(Kiss Me Kate)(TV Movie)(1964)
『-』(Run for Your Life)(1965)
『レッド・スケルトン・ショー』(The Red Skelton Show)(1967)
『-』(Here's Lucy)(1969)
『-』(Insight)(1969)
『-』(The Quest)(1976)
『-』(Fantasy Island)(1982)
『ラブ・ボート』(The Love Boat)(1981-1983)
『-』(Live from Her Majesty's)(1984)
『-』(Great Performances)(1986)
『ダラス』(Dallas)(1981-1991)
『-』(Good Sports)(1991)
『-』(Murder, She Wrote)(1991)
『-』(Hart to Hart: Home Is Where the Hart Is)(TV Movie)(1994)
『-』(Walker, Texas Ranger)(1995)

ラス・タンブリン(Russ Tamblyn)

Russ Tamblyn ラス・タンブリン(本名:Russell Irving Tamblyn)は、1934年12月30日、カルフォルニア州ロスアンゼルスで生まれ、早くからスターとして訓練を受け、5歳からアクロバット・ダンスで鍛え、舞踊学校に学んでタンバリンのチャンピオンになったが、両親ともに俳優でエンターティナーであった。6歳の時には、テレビ番組の『エドサリバン・ショー』(The Ed Sullivan Show)で踊りとアクロバットを演じ素晴らしい才能を示し、やがて、MGMと契約にサインすることになる。

彼は10歳(1944)の時に"Stone Jungle"に出演していた俳優のロイド・ブリッジス(Lloyd Bridges)に認められ、ロスアンゼルスに本拠のあるラジオ局に出演した。その後、子役スターのディーン・ストックウエル(Dean Stockwell)が主演した『緑色の髪の少年』(The Boy with Green Hair)(1948)(RKO Radio Pictures)(日本公開1950年3月7日)で映画デビューしたが、クレジットはされてない。翌年、リバブリック映画『歓呼の球場』(The Kid from Cleveland )(1949)(日本未公開)に"Rusty Tamblyn"という名前で出演し、若者の俳優として知られるようになる。

MGMでは、家庭向けのコメディー映画『花嫁の父』(Father of the Bride)(1950)や、続編である『可愛い配当』(Father's Little Dividend)(1950)などに出演し、ミュージカル映画に出演する前に『あの高地を取れ』(Take the High Ground!)(1953)などの戦争ドラマでも主要な役割を演じた。その後、MGMのベスト作品の1つとなったミュージカル映画『掠奪された七人の花嫁』(Seven Brides for Seven Brothers )(1954)で絶賛を浴び、同年、ブロードウェイ・ソングライターに敬意を表すMGMの4作目にして最後の作品となったシグムンド・ロンバーグの伝記映画『我が心に君深く』(Deep in My Heart)(1954)に出演した。(クレジットなし)更に翌年には、ヒューバート・オズボーンの1922年の戯曲『上陸許可 (Shore Leave)』をもとにした1927年のブロードウェイ・ミュージカルの映画化『艦隊は踊る』(Hit the Deck) (1955)では、デピー・レイノルズを相手役にダンサーの本領を発揮した。また、『最後の銃撃』(The Last Hunt)(1956)、『必殺の一弾』(The Fastest Gun Alive)(1956)、『ヤング・ガン』(The Young Guns)(1956)などの低予算の西部劇でも充分に役柄を演じ、『青春物語』(Peyton Place)(1957)では、ラナ・ターナー(Lana Turner)、アーサーケネディ(Arthur Kennedy)、ホープ・ラング(Hope Lange)やダイアン・バーシ(Diane Varsi)などと共演し高い評価が得られ、この作品はオスカーにノミネートされた。1958年の『親指トム』(Tom Thumb)では、1961年の『ウエスト・サイド物語』(West Side Story)のリフ役に配役される踏み石となった。だが、この後、ミュージカル映画の出演は漸減し始める。


『ウエスト・サイド物語』は、ニューヨークの街を舞台に据え、モンターギュ家とキャブレット家をストリート・ギャングのジェット団とシャーク団にかえたシェクスピアの『ロメオとジュリエット』の現代版で、1957年のブロードウェイ初演で大きく注目されたが、映画はそれ以上の賛辞を得たが、ジェット団の首領リフを演じたラス・タンブリンはこの時27歳であった。 翌年、シネラマ映画『不思議な世界の物語』(The Wonderful World of the Brothers Grimm)(1962)では、若い木こり/親指トムに扮し、お姫様役のイヴェット・ミミューを相手に魅惑的なダンスを演じ『西部開拓史』(How the West Was Won)(1962)では南軍の脱走兵を演じている。

イギリス映画『たたり』(The Haunting)(1963)では、ジューリー・ハリス(Julie Harris)とクレア・ブルーム(Claire Bloom)と共演し、『長い船団』(The Long Ships)(1964)では、リチャード・ウィドマーク(Richard Widmark)とシドニー・ポワチア(Sidney Poitier)と共演した。その後、『男子禁制・女体秘密クラブ』(The Female Bunch)(1971)や『ドラキュラ対フランケンシュタイン』(Dracula vs. Frankenstein)(1971)、『未来警察マッド・ポリス』(Aftershock)(1990)などに出演したが、彼のキャリアは寂しくなり、聴衆からも姿を消すようになるが、テレビ・カルト・シリーズ『ツイン・ピークス』(Twin Peaks)(1990-1991)で精神医ローレンス・ヤコービ博士を演じ人気を再燃した。

私生活では、1956年2月14日にヴェネティア・スティーブンソン(Venetia Stevenson)と結婚、1957年4月1日に離婚。1960年5月7日にシーラ・エリザベス・ケンプトン(Sheila Elizabeth Kempton)と再婚、2子あり、1979年12月18日離婚。1981年、ボニー・タンブリン(Bonnie Tamblyn)1子あり、現在に至る。

ラス・タンブリン出演作品
(Filmography:Russ Tamblyn)

『緑色の髪の少年』(The Boy with Green Hair)(1948)uncredited
『歓呼の球場』(The Kid from Cleveland )(1949)(Republic Pictures) as Rusty Tamblyn
『』(Reign of Terror)(1949)uncredited
『サムソンとデリラ』(Samson and Delilah)(1949)as Russell Tamblyn
『-』(What Happened to Jo Jo?)(1950)Short as Rusty Tamblyn
『拳銃魔』(Deadly Is the Female)(1950)as Rusty Tamblyn
『別働隊』(Captain Carey, U.S.A.)(1950)as Rusty Tamblyn
『-』(The Vicious Years )(1950)as Rusty Tamblyn
『花嫁の父』(Father of the Bride)(1950)as Rusty Tamblyn
『可愛い配当』(Father's Little Dividend)(1950)as Rusty Tamblyn
『-』(As Young as You Feel)(1951)as Rusty Tamblyn

As Young as You Feel (1951) "Full Movie"
『』(Cave of Outlaws)(1951)uncredited

Cave of Outlaws (1951) "Full Movie"
『地獄への退却』(Retreat, Hell!)(1952)as Rusty Tamblyn

Retreat, Hell! (1952) "Full Movie"
『-』(The Winning Team)(1952)as Rusty Tamblyn
『あの高地を取れ』(Take the High Ground! )(1953)
『掠奪された七人の花嫁』(Seven Brides for Seven Brothers )(1954)
『我が心に君深く』(Deep in My Heart)(1954)uncredited
『渡るべき多くの河』(Many Rivers to Cross)(1955)

Many Rivers to Cross (1955) "Full Movie"
『艦隊は踊る』(Hit the Deck)(1955)
『最後の銃撃』(The Last Hunt)(1956)
『必殺の一弾』(The Fastest Gun Alive)(1956)
『ヤング・ガン』(The Young Guns)(1956)
『Z旗あげて』(Don't Go Near the Water)(1957)
『青春物語』(Peyton Place)(1957)
『性愛の曲り角』(High School Confidential!)(1958)
『親指トム』(Tom Thumb)(1958)
『シマロン』(Cimarron)(1960)
『ウエスト・サイド物語』(West Side Story)(1961)
『不思議な世界の物語』(The Wonderful World of the Brothers Grimm)(1962)
『西部開拓史』(How the West Was Won)(1962)
『渚のデイト』(Follow the Boys)(1963)
『たたり』(The Haunting)(1963)
『長い船団』(The Long Ships)(1964)

The Long Ships (1964) "Full Movie"
『最後のガンファイター』(Son of a Gunfighter)(1965)
『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』(The War of the Gargantuas)(1966)
『-』(Satan's Sadists)(1969)
『-』(Scream Free!)(1969)
『-』(The Last Movie)(1971)
『男子禁制・女体秘密クラブ』(The Female Bunch)(1971)
『ドラキュラ対フランケンシュタイン』(Dracula vs. Frankenstein)(1971)

Dracula vs. Frankenstein (1971) "Full Movie"
『-』(Win, Place or Steal )(1974)
『-』(The World Through the Eyes of Children)(1975)
『-』(Black Heat)(1976)
『-』(Human Highway)(1982)
『超高性能兵器サイクロン』(Cyclone)(1987)uncredited

Cyclone (1987) "Full Movie"
『-』(Commando Squad)(1987)
『ネクロマンサー/復讐の魔術』(Necromancer)(1988)
『ターボ・クライシス』(B.O.R.N.)(1988)
『未来警察マッド・ポリス』(Aftershock)(1990)
『-』(Blood Screams )(1990)
『-』(Wizards of the Demon Sword)(1991)
『ツイン・ピークス』(Twin Peaks: Fire Walk with Me)(1992)scenes deleted
『-』(Little Devils: The Birth)(1993)
『キャビン・ボーイ/航海、先に立たず』(Cabin Boy)(1994)
『-』(Desert Steel)(1994)
『リアル・フィクション/殺人のシナリオ』(Starstruck)(1995)
『-』(Rebellious )(1995)
『-』(Attack of the 60 Foot Centerfold)(1995)
『-』(Little Miss Magic)(1998)
『-』(Inviati speciali)(2000)
『ドライヴ』(Drive)(2011)
『ジャンゴ 繋がれざる者』(Django Unchained )(2012)
『-』(Hits)(2014)
『-』(Twin Peaks: The Missing Pieces)(2014)
『-』(Chatty Catties)(2015)

  TV Series

『-』(Channing)(1963)
『-』(Burke's Law)(1965)
『-』(Gunsmoke)(1965)
『-』(Days of Our Lives)(1965)
『-』(Tarzan)(1966)
『-』(Iron Horse)(1967)
『-』(The Name of the Game)(1969)
『-』(Cade's County)(1972)
『-』(The Quest)(1976)
『-』(The Life and Times of Grizzly Adams)(1978)
『-』(Nero Wolfe)(1981)
『-』(Fame)(1986-1987)
『-』(Rags to Riches)(1987)
『-』(The Phantom Empire)(1988)Video
『-』(Quantum Leap)(1989)
『ツイン・ピークス』(Twin Peaks)(1990-1991)
『立候補/ダーティ・トリックス』(Running Mates)(TV Movie)(1992)
『-』(Babylon 5)(1994)
『-』(Invisible Mom)(1996)Video
『-』(Nash Bridges)(1997)
『-』(Johnny Mysto: Boy Wizard)(1997)Video
『ゴースト・ドッグ』(My Ghost Dog)(TV Movie)(1997)
『風の行方』(Inherit the Wind)(TV Movie)(1999)
『-』(General Hospital)(2000)
『-』(Joan of Arcadia)(2004)
『-』(The Further Adventures of Edmund and Pablo)(TV Movie)(2010)
『-』(The Increasingly Poor Decisions of Todd Margaret)(2010-2016)
『-』(Twin Peaks)(2017)post-production

ジェーン・パウエル出演作品
(Filmography:Jane Powell)


『恋愛準決勝戦』
(Royal Wedding)(1951)


  Soundtracks

「この美しき肌に幸あれ」(Bless Yore Beautiful Hide)
Music by Gene de Paul
Lyrics by Johnny Mercer
Sung by Howard Keel
「素晴らしきこの日」(Wonderful, Wonderful Day)
Music by Gene de Paul
Lyrics by Johnny Mercer
Sung by Jane Powell
「貴方が恋いにおちた時」(When You're in Love)
Music by Gene de Paul
Lyrics by Johnny Mercer
Sung by Jane Powell and Howard Keel
「ゴーイン・コティン」(Goin' Co'tin')
Music by Gene de Paul
Lyrics by Johnny Mercer
Sung by Jane Powell
「ハウス・ライジング・ダンス」(House-Raising Dance)
Music by Gene de Paul
Danced by Brothers, Girls, and City Boys
「寂しい山猫」(Lonesome Polecat)
Music by Gene de Paul
Lyrics by Johnny Mercer
Sung by Matt Mattox (dubbed by Bill Lee (uncredited)) and Chorus
「すすり泣く女たち」(Sobbin' Women)
Music by Gene de Paul
Lyrics by Johnny Mercer
Sung by Howard Keel and Brothers
「6月の花嫁」(June Bride)
Music by Gene de Paul
Lyrics by Johnny Mercer
Sung by Virginia Gibson and Chorus
「春、春、春」(Spring, Spring, Spring)
Music by Gene de Paul
Lyrics by Johnny Mercer
Sung by Chorus



キャスト(役名)

ハワード・キール(Howard Keel)(Adam Pontipee)
ジェフ・リチャーズ(Jeff Richards)(Benjamin Pontipee)
ラス・タンブリン(Russ Tamblyn)(Gideon Pontipee)
トミー・ロール(Tommy Rall)(Frank Pontipee)
マーク・プラット(Marc Platt)(Daniel Pontipee)
マット・マトックス(Matt Mattox)(Caleb Pontipee)
ジャック・ダンボアーズ(Jacques d'Amboise)(Ephraim Pontipee)

ジェーン・パウエル(Jane Powell)(Milly)
ジュリー・ニューマー(Julie Newmar)(Dorcas)
ナンシー・キルガス(Nancy Kilgas)(Alice)
ベティ・カー(Betty Carr)(Sarah)
ヴァジニア・ギブソン(Virginia Gibson)(Liza)
ラッタ・ルー(Ruta Lee)(Ruth)
ノーマ・デゲット(Norma Doggett)(Martha)

イアン・ウルフ(Ian Wolfe)(Rev. Elcott)
ハワード・ペトリ(Howard Petrie)(Pete Perkins)
アール・バートン(Earl Barton)(Harry)
ダンテ・ディポロ(Dante DiPaolo)(Matt)
ケリー・ブラウン(Kelly Brown)(Carl)
デック・リッチ(Dick Rich)(Dorcas' Father)
マージョリー・ウッド(Marjorie Wood)(Mrs. Bixby)
ラッセル・シンプソン(Russell Simpson)(Mr. Bixby)

スタッフ

製作:ジャック・カミングス(Jack Cummings)
監督:スタンリー・ドーネン(Stanley Donen)
原作:スティーヴン・ヴィンセント・ベネット(Stephen Vincent Benet)
脚色:フランシス・グッドリッチ(Frances Goodrich)、アルバート・ハケット(Albert Hackett)、
ドロシー・キングスレー(Dorothy Kingsley)
作詞:ジョニー・マーサー(Johnny Mercer)
作曲:ジーン・デ・ポール(Gene de Paul)
音楽監修:ソール・チャップリン(Saul Chaplin)
音楽監督:アドルフ・ドイチュ(Adolph Deutsch)
オーケストレーション:コンラッド・サリンジャー(Conrad Salinger)
撮影:ジョージ・J・フォルシー(George J. Folsey)
編集:ラルフ・E・ウィンタース(Ralph E. Winters)
美術:セドリック・ギボンズ(Cedric Gibbons)、ユーリー・マックレアリー(Urie McCleary)
装置:エドウィン・B・ウィリス(Edwin B. Willis)、ヒュー・ハント(Hugh Hunt )
衣裳:ウォルター・プランケット(Walter Plunkett)
録音:ダグラス・シアラー(Douglas Shearer)
振付:マイケル・キッド(Michael Kidd)



Loyd THX Theater

戻ります