戻ります




poster

THE WONDERFUL WORLD OF THE BROTHERS GRIMM


(不思議な世界の物語)(1962)




The Wonderful World of the Brothers Grimm is a 1962 American film directed by Henry Levin and George Pal. The latter was the producer and also in charge of the stop motion animation. The film was one of the highest grossing films of 1962. It won one Oscar and was nominated for three additional Academy Awards. Several prominent actors ? including Laurence Harvey, Karlheinz Bohm, Jim Backus, Barbara Eden, and Buddy Hackett ? are in the film.

It was filmed in the Cinerama process, which was photographed in an arc with three lenses, on a camera that produced three strips of film. Three projectors, in the back and sides of the theatre, produced a panoramic image on a screen that curved 146 degrees around the front of the audience.




Plot

The story focuses on the Grimm brothers, Wilhelm (Laurence Harvey) and Jacob (Karlheinz Bohm), and is biographical and fantastical at the same time. They are working to finish a history for a local Duke (Oscar Homolka), though Wilhelm is more interested in collecting fairy tales and often spends their money to hear them from locals. Tales such as "The Dancing Princess" and "The Cobbler and the Elves" are integrated into the main plot. One of the tales is told as an experiment to three children in a book store to see if publishing a collection of fairytales has any merit. Another tale, "The Singing Bone", is told by an old woman (Martita Hunt) in the forest who tells stories to children, while the uninvited Wilhelm secretly listens through an open window. The culmination of this tale involves a jeweled dragon and features the most involved usage of the film's special effects.

Wilhelm loses the manuscript of the Duke's family history while writing down this third story - he is supposed to be collecting additional information for the family history - and the brothers cannot meet their deadline. They are required to pay their rent, which was waived while they worked. As a result of wading through a stream in an effort to retrieve the manuscript (which fell into the water after his briefcase broke open), Wilhelm becomes critically ill with potentially fatal pneumonia. He dreams that at night various fairytale characters come to him, begging him to name them before he dies. In the dream, Russ Tamblyn reprises his role as Tom Thumb from the 1958 film. His fever breaks and Wilhelm recovers completely, continuing his own work while his brother publishes regular books including a history of German grammar and a book on law. Jacob, shaken by his brother's experience, begins to collaborate on the fairy tales with Wilhelm.

They are ultimately invited to receive honorary membership at the Berlin Royal Academy, which makes no mention of the tales in their invitation. Jacob prepares to make a speech deliberately insulting the Academy for snubbing Wilhelm. As their train pulls into the station, hordes of children arrive, chanting, "We want a story!" Wilhelm begins, "Once upon a time, there were two brothers." The children cheer, and the film ends with a caption card that reads "…and they lived happily ever after."

The Storybook Record of MGM's film(1962)
"The Wonderful World of the Brothers Grimm"




Cast

Laurence Harvey - Wilhelm Grimm / The Cobbler ("The Cobbler and the Elves")
Karlheinz Bohm - Jacob Grimm (as Karl Boehm)
Claire Bloom - Dorothea Grimm
Walter Slezak - Stossel
Barbara Eden - Greta Heinrich
Oskar Homolka - The Duke (as Oscar Homolka)
Martita Hunt - Anna Richter (Story Teller)
Betty Garde - Miss Bettenhausen
Bryan Russell- Freidrich Grimm
Ian Wolfe - Gruber
Walter Rilla - Priest
Yvette Mimieux - The Princess ("The Dancing Princess")
Russ Tamblyn - The Woodsman ("The Dancing Princess")/ Tom Thumb (in Wilhelm's Dream)
Jim Backus - The King ("The Dancing Princess")
Beulah Bondi - The Gypsy ("The Dancing Princess")
Terry-Thomas - Sir Ludwig ("The Singing Bone")
Buddy Hackett - Hans ("The Singing Bone")
Otto Kruger - The King at Ludwig's Trial ("The Singing Bone")
Arnold Stang - Rumplestiltskin (in Wilhelm's dream)
Hal Smith, Mel Blanc, Pinto Colvig, and Dal McKennon Voicing The Puppetoons - The Elves ("The Cobbler and the Elves")
Peter Whitney - The Giant (uncredited)
Tammy Marihugh - Pauline Grimm
Cheerio Meredith - Mrs. Von Dittersdorf







Reception

Box office performance
The Wonderful World of the Brothers Grimm grossed $8,920,615 at the box office,earning $6.5 million in US theatrical rentals. It was the 14th highest grossing film of 1962.

Accolades
The film won an Academy Award and was nominated for three more

Won
Best Costume Design, Color - Mary Wills

Nominated
Best Art Direction-Set Decoration, Color - George Davis, Edward Carfagno, Henry Grace, Dick Pefferle (Lost to John Box, John Stoll, and Dario Simoni for Lawrence of Arabia)
Best Cinematography, Color - Paul C. Vogel (Lost to Freddie Young for Lawrence of Arabia)
Best Music, Scoring of Music, Adaptation or Treatment - Leigh Harline (Lost to Ray Heindorf for The Music Man)



Cinerama

The Wonderful World of the Brothers Grimm was produced and exhibited in the original 3-panel Cinerama widescreen process. It was the first Cinerama feature that attempted to tell a cohesive story, unlike previous productions, which had all been travelogues. It was followed a few months later by a second such film, How the West Was Won, after which single-lens Cinerama was used for narrative films.(From Wikipedia, the free encyclopedia)



Media

Rumors that 'Wonderful World of the Brothers Grimm' could never be "restored" because the original 3-panel Cinerama camera negatives were heavily water damaged are untrue. Sources close to Warner Brothers and Cinerama Inc, report there is actually very minimal water damage to one edge of one panel in only some reels, and the Technicolor color separation prints are intact for the entire film. Therefore if any of the water damage actually would show on screen or video, that footage could be replaced with new negative made from the Technicolor separations. 3 color separation reels for each of the 3 Cinerama panels means the replacement process would be costly, but not impossible. (From IMDb)





 For more information "The Wonderful World of the Brothers Grimm" visit the IMDb





 ストーリー&解説



映画は序曲(Overture)(2分46秒)からMGMトレード・マークへと、ナレーターが、1800年代初め、恐ろしい戦争の音が再びヨーロッパ中心に鳴り響いた。戦場からそう遠くない所では別の音がしていた。柔らかで穏やかなその音は戦争が終わってから何年も経った後でもずっと聞こえていた。近づけばその音が聞こえてくると・・、タイトルが現れクレジットが流れる。


ヤコブ・グリム(カール・ベーム)は、公爵(オスカー・ホモルカ)よりプロシャ皇帝に献上する公爵家の家史を依頼され、完成させないと家賃無料の家はフイになるばかりでなく牢屋に入れらてしまう。公爵は家史を飾って、おべっかを使いプロシア王に取り入ろうとしているのである。一方、弟のウィルヘルム・グリム(ローレンス・ハーヴェイ)は、夢想家でお伽話ばかりに夢中で、それに大変な子供好きだった。


本屋では、グレタ・ハインリヒ(バーバラ・イーデン)がヤコブの著書を買い求めるが、やがて彼に思いを寄せるのである。一方、店主のストッセル(ウォルター・スレザック)は、ヤコブの著書には「ドイツ語文法T・U」、「ドイツ語文法分析」など退屈な本ばかりだ。もっと売れる本を書け、女の話を書けとけしかけるが、ウィルヘルムは、花屋からお伽を買い、またパン代を使ってしまった。

ウィルヘルムには、ドロテア(クレア・ブルーム)と2人の子供がいるが、帰宅後、子供達を寝かせるために、仕入れてきたお伽話をベッドで聞かせるのが『踊るお姫さま』の話である。


森で独り暮らしの若い木こり/親指トム(ラス・タンブリン)は、ある日、森を出て旅をし、お姫様が欲しいと、それが彼の夢だった。ある日、トランプ占いのお姿さん(ピューラ・ボンディ)が、カードに聞いたよ!財布はカラだが心には愛、相手は王様の娘で国一番の美しい花だ。あなただけが私に優しい言葉や笑顔もくれた。手を出しても見えぬ、食欲や妬みからも守ってくれるという老婆から姿の消えるマントが贈られる。


親指トムは、姫を僕の愛できっとこの手にすると決意して城に向かう。王様(ジム・バックス)は、娘(イヴェット・ミミュー)が毎夜靴に穴を開けてくるが、その理由を発見した者に褒美として「王国の半分と姫」をとらすが、失敗すれば首を胴体から切り離すという王の言葉に親指トムは身震いするが、やがて、姫は城から出掛け際に木こりにねむり薬を飲まそうとする。だが、彼は飲んだふりし、姿を消すマントで身を隠し、姫の乗る馬車の後ろに乗り、やがて、姫はジプシーたちと一緒にドレスをひらめかせながら奔放な踊るのだった。それを見た木こりは、一緒に踊って姫の心を射止めるという。
"Russ Tamblyn Yvette Mimieux Gypsy Dance"
売れる話しを書け、女の話がいい、という本屋のストッセルの前でウィルヘルムは、空想力が豊かで次々と奇想天外な話をするのだが、子供達を集め、お伽話の本が欲しいかいと言いながら、話を始めるのが『靴屋と小妖精』の話である。昔、靴屋(ローレンス・ハーベイ)(二役)がいました。大変なお年寄りで、口髭をたくわえ、真っ白い髪だったが、懸命に働いている。クリスマスが間近に迫り、市長(ウォルター・ブルック)は、明日開かれる王のパーティに履いていく靴は出来たかとやってくるが、靴屋はまだだと云うと、出来ないと痛い目にあわすぞと市長は怒鳴るのだった。そんな中、子供達の歌声が聞こえてくる。清らかな心と手で、私はクリスマスの国へ、心はもうクリスマス気分・・・・。

踊り子(サンドラ・ベッチン)は、王様の前で踊る靴は出来たのと、やって来た。靴屋は何とか努力をしますと応えるが、更に猟師(ロバート・フォーク )が入ってきて、明日、王様のために野豚狩をする靴を早く作れと靴屋に銃口を向け立ち去る。子供達がドアーを開け、歌い始めると、靴屋は幸運の小人を探して結婚しろ、靴屋は誰にも小人はついている。信じなくては現れない。今は忙しいが、いつか、その話をしてやる。靴屋は孤児達が好きなのだった。

心優しい靴屋は、孤児達へクリスマスのプレゼントするために密かに人形を作っていて、そのために仕事がはかどらなく、期日が明日に迫っているにも関わらず注文の品はまだ出来ていなかった。今日中に全部仕上げなければ、刑に処せられてしまう。靴を仕上げようと頑張るのだが、夜中の12時を過ぎると、疲労のためついつい寝てしまう。だが、不思議なことに、人形たちが起き上がり、クリスマスの祝福とぼくらは幸運の小人だ、朝まで靴を直さんと大変だ。仕事だ。みんな仕事にかかれ。君は裁断、君は縫う、糊付け、磨き、包装と分業し、道具を持てば目はキラキラ、心臓ドキドキと歌を歌いながら作業は進む。やがて、朝を迎え、市長、踊り子、それに猟師がやって来たが、見事な出来栄えに大喜びするのであった。靴屋は今日はクリスマス、なのに見捨てられたままの子供達、孤児たちのところへ行くのだった。

Puppetoon Sequence
"Wonderful World of the Brothers Grimm"

ヤコブは公爵に呼ばれ、正確でかつ完全な家史を作り、数々の優れた業績、武勲などを載せた家史をプロシャ国王の即位記念日に献上するのだが、ラインブルグ男爵の一族が抜けているのではないか。男爵は私の祖父の従兄の孫だ。タダの家に半年も住んで、仕事が完成するまで、金は払わん。男爵はプロシャ国王の義理の甥だ。全ての記録があるラインブルグの教会の公文書を調べろと一喝される。

2人の兄弟は、船でラインブルグに向う。あと2日で仕上げなければ、公爵から借りている家を追い出されて、牢屋に入れられてしまう。早速、男爵一族の資料を教会の司祭(ウォルター・リラ)に見せてもらう2人だったが、ウィルヘルムは、お伽話の名人と言われるアンナ(マーティナ・ハント)おばさんの話を聞きつけ、話を聞きに行く子供たちの後を仕事そっちのけで追いかけて行く。 ウィルヘルムは、アンナに子供だけだと云われ、やむなく外の窓越で話を聞き入り書き取っていく。

poster

アンナおばさんが語る『歌う白骨』の話は、昔々、遠い国に大きな恐ろしいドラゴンがいて、身の丈は森の大木くらいあった。歩けば地震が起き、息をかければ森は火事になり、人々はただ脅えるばかり、どこから来た悪魔か、作物や家畜を全滅させ、子供までさらっていく。ドラゴンは殺到する志願者を焼き殺し、むさぼり食うと、残った骨で歯を掃除した。退治した者には、王様の国の半分を与えるという褒美があった。

ある晴れた朝、騎士ルドウィッヒ(テリー=トーマス)と従者のハンス(バディ・ハケット)はドラゴン退治にやってきた。5フィートの火を吐く巨体のドラゴンは、ハンスによって退治される。だが、騎士はその手柄を独り占めするためにハンス殺すと、リンゴの木の下に埋めてしまう。ドラゴンの死で国は平和が戻った。ルドウィッヒは国へ帰り、英雄として王国半分の統治者となる。


時は流れ、ある日、羊飼いの少年(ロバート・クロフォード・ジュニア)がリンゴの木の下を通ると骨を発見する。 穴を開ければ羊を導く笛が出来ると考え、ナイフで穴を開け、吹いてみると、そこから殺されたハンスの声が聞こえてきた。羊飼いよ聞いてくれ、私は木の下に眠っている・・・。

王様(オットー・クルーガー)は、ルドウィッヒを呼び、羊飼いにその笛を吹かせる。王様、私の話を聞いて下さい、私は木の下に眠っています。主人のドウィッヒの剣が私の体を突き刺しました、と聞こえ、死んだはずのハンスが姿を現した。悪事がばれたルドウィッヒは命乞いをするが、王様はドラゴン退治はハンスの手柄だと知る。法廷の判決は、汝を貪欲、裏切り、殺人の罪で有罪と言い渡される。だが、王様はルドウィッヒに、今後はハンスの従者として人生を送れ、以後、そちの名はドラゴン殺しのハンス卿だと言うのであった。


このドラゴンの話を聞いた後、ウィルヘルムは、アンナおばさんに親指大の男の子の話、灰まみれの可哀想な女の子の話、雪のような肌の娘の話などを聞いている最中に船の汽笛が聞こえてくる。急いで雨の中を帰る途中に石に躓き、これまでに書き溜めた原稿を全て川に落とし流してしまう。ウィルヘルムは、ヤコブの待つ港に到着するが、すでに船は出てしまっていた。ウィルヘルムは、ヤコブに素晴らしい老婦人にあって話を聞いたが、子供達は目を丸く、ウットリしていた。まさに黄金だ、計り知れない価値があると云うのだった。

公爵家の家史に半年かけ、明日届けなくては、金はフイになってしまう。ヤコブはウィルヘルムに原稿は何処にあるのだと言うが、6ヶ月の成果は川に流してしまったのである。ヤコブはウィルヘルムに謝罪は公爵の前で得意な言い訳をしろ、自分は戻る気はなく、これからは1人で仕事を探し、君とはやっていけないと云われてしまう。

ウィルヘルムは、長い時間に雨に打たれ、体調を崩したまま、公爵の屋敷に赴く。だが、期限に間に合わないばかりか、執筆中の家史まで紛失されて怒り心頭の公爵は、全責任はお前にあり、懲罰ものだと、いくら詫びを入れても聞き入れてもらえない。ウィルヘルムと家族たちは、3日以内に家賃を払わなければ家を追い出され、牢に入れられてしまう。失意のウィルヘルムは、風邪をこじらせて生死の間をさまよっている中、公爵家の執事グルーバー(イアン・ウルフ)がこの家から出るようにと公爵からの伝言を持ってくる。


瀕死の状態でベッドに横たわるウィルヘルムに、大男(ピーター・ホイットニー)が窓から顔を見せ、大勢の見知らぬ人物がどこからともなく部屋に入ってくる。我々はあなた次第です。あなたが死ねば、私たちは生まれずじまい、どうか死ぬ前に私たちに名前を付けて下さいと彼らは言う。事態が良く飲み込めないウィルヘルムであったが、意識朦朧としながらも、懇願する彼らのために1人ずつ名前を与える。

「君の体は、私の親指ほどもない、君のことは親指トムと呼ぼう」
「君の顔が汚れている灰で、じゃあ君は、シンデレラ、灰かぶりだ」
「君は雪のように白い肌、白雪姫だ」
「君達はヘンゼル、グレーテル、そして君は赤ずきんちゃんだ」
「君はランペルスティルッキン・・・・」

すると、名前を与えられた彼らの体が次第に見えなくなっていく、ダメだ消えちゃいけないとウィルヘルム、我々には時間がない。あなたの息が絶える時、我々の息も、さようなら、グリムさん、我々を呼び戻せるのはあなただけだ。といって彼らは姿を消してしまう。

間もなくして意識が戻ったウィルヘルムは、一命を取り留め、そして、弟の熱意に負けたヤコブは、ウィルヘルムと共同でお伽話を出版する事を決意し、「親指トム」、「シンデレラ」、「ランペルスティルッキン」、「ヘンゼルとグレーテル」、「ドイツ語文法」、「ドイツ語史」、「ミツバチの女王」、「白雪姫」、「ちびの仕立屋さん」、「法律史」、「神話と伝説」、「金言集」、「10〜11世紀ドイツのラテン語詩」、「カエルの王子」、「ガチョウの娘」、「ブルーメンの音楽隊」、「眠り姫」等々、次々に出版し次第に世界中の子供達の人気者になっていくのだった。やがて2人の著書が評価され、王立アカデミーの会員に選ばれ、喜ぶ2人であったが、評価された著書は文法や古代法など、2人が共同でお伽話を創作する以前に兄のヤコブが書いたものばかりだった。ウィルヘルムは、お伽話が全く評価されずに落ち込むが、認証式のためにベルリンに向かう列車の中で寂しげに、僕をだだの弟だと言ってくれ、と兄に言う。会員に選ばれるという名誉と自分は、無関係だからである。ところが、認証式のために2人がベルリンに到着すると、そこで待ったいたのは、2人を大歓迎する大勢の子供達であった。

集まってきた子供達は「お伽話を聞かせて!」の大合唱で、兄のヤコブが嬉しそうな笑顔で、ウィルヘルムにそっと耳打ちする。僕をただの兄だと言うんだ、唖然とするアカデミー代表(ジーン・ロス)の前でウィルヘルムは、子供達に向かって語り始める。昔、あるところに2人の兄弟がいました・・・、子供達の大歓声の中、そして、彼らは何時までも幸せに暮らしました。(and they lived happy ever after・・・) 幕が下りる。

poster
The Wonderful World of the Brothers Grimm (1962)
"Trailer"

本作の邦題は『不思議な世界の物語』となっているが、原題は「グリム兄弟の素晴らしい世界」であり、グリム童話を映画にしたもので、映画の構成は、グリム兄弟が執筆活動しながら織りなす伝記ドラマの中に、童話をそのまま映像化した劇中劇を入れた構成になっており、『靴屋と小妖精』の話での人形劇は、とても素晴らしく、また、生死の間をさまようウィルヘルムのところに、彼によって生み出される童話の主人公達が現れるこのシーンは、とても幻想的で美しく、感動をあたえる名場面となっている。

本作は、ハーマン・ガスナー(Hermann Gerstner)の「グリム兄弟伝」を題材にSF映画で50年代のハリウッドをリードした名プロデューサー、ジョージ・パル(George Pal)が35mmフィルム3本を使用する「シネラマ}による劇映画として製作したエンターテインメントの大作である。1952年、第1作『これがシネラマだ』(This is Cinerama)が大評判を呼び、大型映画時代の幕開けを告げた「シネラマ」は、撮影や上映するシステムがあまりにも大掛かりで、技術的制約も多かったため、第2作以降も『シネラマ・ホリデイー』(Cinerama Holyday)(1955)、『世界の七不思議』(Seven Wonders of the World)(1956)、『世界の楽園』(Search for Paradise)(1957)、『南海の冒険』(South Seas Adve)(1958)と世界各地の珍しい風景や生活を見せるだけのいわゆる「トラヴェローグ」した作られなかった。

「シネラマ」の劇映画は、登場してから10年近くを経てようやく製作されたが、それが本作の『不思議な世界の物語』(1962)である。続いて製作されたのが『西部開拓史』(How the West Was Won)(1962)だが、本作の方が大ヒットこともあって、特に日本では『西部開拓史』が「シネラマ」劇映画第1号と間違われるが、実際の完成もアメリカでの公開も『不思議な世界の物語』の方が先なのである。

『不思議な世界の物語』は、ジョージ・パルが開発したパペトゥーン(Puppetoons)技術が使われ、現実の世界へ童話の世界が突然入り込む感覚が楽しく、ヨーロッパの空気感覚に満ちたファンタジーに満ちている。また、現実の世界のグリム兄弟の物語に、3つのグリム童話を中心とした非現実的なキャラクターや現象が絡む凝った構成のドラマとなっており、それに近世の大人社会の問題をきっちりと見せる辛口のドラマ部分が、幻想の世界の楽しさと暖かさを引き立せる効果を出している。
この人形アニメーションは、パルドール(Pal-Doll)とも呼ばれている。「パペトゥーン」とは、「パペット」(立体人形)と「カートゥーン/cartoon」(ユーモラスな傾向を備えた子供向けのアニメーション作品)を組み合わせた造語でジョージ・パルが自分の作品を呼ぶのに使った名称である。



ジョージ・パル(George Pal)

George Pal ジョージ・パルは、1908年、ハンガリーのツェグレードで生まれ、1928年にブダペスト芸術アカデミーを卒業後、1931年までブダペストのフンニア・フィルム・スタジオ (Hunnia Film Studio) で映画製作に従事し、1931〜1933年にかけて、ベルリンに活動拠点を移し、そこでトリック・フィルム・スタジオ(Trickfilm-Studio Gmbh Pal und Wittke)を設立した。後にパペトーン(Puppetoons)と呼ばれることになるパルドール (Pal-Doll) を開発し特許を取得した。1933年には、プラハを活動拠点とし、翌年には、パリのホテルで広告映画を製作した。それに目をつけたフィリップス社から短編広告映画の発注を受け、オランダ南部のアイントホーフェンで撮影されたこの作品の中でパルドールが使われた。

その後、1939年までに、イギリスのホーリックス・モルテッドミルク社のために5本の作品を製作したが、ナチスを嫌って1940年には、アメリカに移住し、パラマウント映画社で活動を始める。友人だった漫画家でアニメータのウォルター・ランツ(Walter Lantz)が、ジョージ・パルのアメリカ国籍取得を助けたという。1940年代には、アニメーターとしてパペトーンを使ったシリーズを製作、1944年には、パペトーンの考案と開発に対して、アカデミー賞特別賞が贈られている。1950年には、アニメーションからスイッチして、実写によるコメディ作品『偉大なルパート (The Great Rupert )』の製作を始める。彼は、歴史的なSF映画群の製作者として映画史に名を残しているが、それらの作品は、1950年代から1960年代にかけて製作された。内4本は、監督のバイロン・ハスキンとの共同作業であった。パペトーン使いのアニメータという経歴は、この時期の彼の製作作品に強い影響を与えている。ジョージ・パルは、1980年、カリフォルニアのビヴァリーヒルズで心臓発作のために72歳で死去したが、特にSF映画の分野で大きな業績を残した。ホリークロス墓地に埋葬され、彼の名前は「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム(ヴァイン通り1722)」にも刻まれている。また、映画芸術科学アカデミーは、彼の功績を記憶に留めるために「ジョージ・パル講座〜映画の中のファンタジー」を設立した。

作品集

『-』(Ship of the Ether)(1934)(Director)
『-』(Philips Cavalcade)(1934)(Director)
『魔法の地図帳』(The Magic Atlas)(Short)(1935)(Producer&Director)
『-』(The Sleeping Beauty)(1935)(Director)
『エーテル・シンフォニー』(Ether Symphony)(Short)(1936)(Producer&Director)
『-』(Sinbad)(1936)(Director)
『アラジンと魔法ランプ』(Aladdin and the Magic Lamp)(Short)(1936)(Producer&Director)
『-』(What Ho, She Bumps )(1937)(Director)
『-』(South Sea Sweethearts)(Short)(1938)(Director)
『-』(Sky Pirates )(1938)(Director)
『-』(Radioror-revolusjonen)(Short)(1938)(Director)
『-』(Den stora Philipsrevyn 1938)(Short)(1938)(Director)
『-』(Love on the Range)(Short)(1939)(Director)
『-』(Western Daze)(Short)(1941)(Director)
『-』(Dipsy Gypsy)(Short)(1941)(Director)
『-』(Hoola Boola)(Short)(1941)(Director)
『-』(The Gay Knighties)(Short)(1941)(Director)
『-』(Rhythm in the Ranks)(Short)(1941)(Director)
『-』(Tulips Shall Grow) (Short)(1942)(Producer&Director)
『ジャスパーとスイカ』(Jasper and the Watermelons) (Short)(1942)(Producer&Director)
『-』(Sky Princess) (Short)(1942)(Director)
『-』(Mr. Strauss Takes a Walk) (Short)(1942)(Director)
『-』(Jasper and the Haunted House) (Short)(1942)(Director)
『-』(Jasper and the Choo-Choo) (Short)(1943)(Director)
『-』(Bravo, Mr. Strauss) (Short)(1943)(Director)
『バーソロミューの500の帽子』(The 500 Hats of Bartholomew Cubbins)(Short)(1943)(Producer&Director)
『-』(Jasper's Music Lesson)(Short)(1943)(Producer&Director)
『-』(The Truck That Flew)(Short)(1943)(Director)
『-』(The Little Broadcast)(Short)(1943)(Director)
『-』(Jasper Goes Fishing)(Short)(1943)(Director)
『-』(Good Night Rusty)(Short)(1943)(Director)
『-』(Package for Jasper)(Short)(1944)(Director)
『-』(Say Ah, Jasper)(Short)(1944)(Director&Producer)
『-』(Jasper Goes Hunting)(Short)(1944)(Director&Producer)
『-』(And to Think That I Saw It on Mulberry Street)(Short)(1944)(Director)
『ジャスパー・パラダイス』(Jasper's Paradise)(Short)(1944)(Director&Producer)
『-』(Two-Gun Rusty)(Short)(1944)(Director)
『-』(A Hatful of Dreams)(Short)(1944)(Director)
『ホット・リップス・ジャスパー』(Hot Lips Jasper)(Short)(1945)(Director&Producer)
『-』(Jasper Tell)(Short)(1945)(Director&Producer)
『-』(Jasper's Minstrels)(Short)(1945)(Producer&Director)
『-』(Jasper's Close Shave)(Short)(1945)(Director)
『-』(Jasper and the Beanstalk)(Short)(1945)(Director)
『-』(My Man Jasper)(Short)(1945)(Director)
『-』(Jasper's Booby Traps)(Short)(1945)(Director)
『-』(Olio for Jasper)(Short)(1946)(Director)
『-』(Together in the Weather)(Short)(1946)(Director)
『-』(John Henry and the Inky-Poo)(Short)(1946)(Director)
『シュー・シャイン・ジャスパー』(Shoe Shine Jasper)(Short)(1947)(Producer&Director)
『-』(Wilbur the Lion)(Short)(1947)(Director)
『-』(Tubby the Tuba)(Short)(1947)(Director)
『デイト・ウイズ・デューク』(Date with Duke)(Short)(1947)(Producer&Director)
『ラプソデイ・イン・ウッド』(Rhapsody in Wood)(Short)(1947)(Director&Producer)
『偉大なルパート』(The Great Rupert)(1950)(Producer)
『月世界征服』(Destination Moon)(1950)(Producer)
『地球最後の日』(When Worlds Collide)(1951)(Producer)
『宇宙戦争』(The War of the Worlds)(1953)(Producer)
『魔術の恋』(Houdini)(1953)(Producer)
『黒い絨毯』(The Naked Jungle)(1954)(Producer)
『宇宙征服』(Conquest of Space)(1955) (Producer)
『ビッグ・ファン・カーニバル』(The Big Fun Carnival)(archive footage)(1957)(Producer&Director)
『親指トム』(Tom Thumb )(1958)(Director&Producer)
『偉大なルパート』(The Great Rupert)(1950)(Producer)
『月世界征服』(Destination Moon)(1950)
『地球最後の日』(When Worlds Collide) (1951) (Producer)
『宇宙戦争』(The War of the Worlds) (1953) (Producer)
『タイム・マシン 80万年後の世界へ』(The Time Machine) (1960)(Producer&Director)
『謎の大陸アトランティス』(Atlantis, the Lost Continent) (1961)(Producer&Director)
『不思議な世界の物語』(The Wonderful World of the Brothers Grimm)(1962)(Producer&Director)
『ラオ博士の7つの顔』(7 Faces of Dr. Lao)(1964)(Producer&Director)
『ザ・パワー』(The Power)(1968)(Producer)
『ドク・サベージの大冒険』(Doc Savage: The Man of Bronze)(1975)(Producer)



リー・ハーライン(Leigh Harline)

Leigh Harline リー・ハーラインは、1907年3月26日、ユタ州ソルトレイク・シティで生まれた。ユタ大学では、スペンサー・コーンウォル(J. Spencer Cornwall)に学び、卒業後の1932年にロサンゼルスでラジオ局の音楽ディレクターを務め、同年からウォルト・ディズニー・カンパニーに所属し、シリー・シンフォニー(Silly Symphony)の音楽を手掛けた。1940年には、米国作曲家作詞家出版者協会(American Society of Composers, Authors and Publishers/ASCAP)に加入し、1941年からハリウッド・スタジオでフリーで働いた。

シリー・シンフォニーとは、ウォルト・ディズニー・カンパニーによって製作された短編アニメーション映画作品シリーズに使われた。本シリーズは、1929年の『骸骨の踊り』 (The Skeleton Dance) に始まった。ピノキオ』(Pinokio) (1940)の挿入歌「星に願いを」(When You Wish Upon a Star)では、アカデミー歌曲賞を受賞している。ハーラインの作品数は、114作からあり数多くのヒット作品がある。1969年12月10日、62歳で亡くなった。

主な作品集

『白雪姫』(Snow White and the Seven Dwarfs) (1937)
『ピノキオ』(Pinokio) (1940)
『』(So You Won't Talk) (1940)
『打撃王』(The Pride of the Yankees) (1942)
『』(The Lady Has Plans) (1942)
『キャグニーの新聞記者』(Johnny Come Lately) (1943)
『アラスカ珍道中』(Road To Utopia)(1945)
『春の珍事』(It Happens Every Spring) (1949)
『モンキー・ビジネス』(Monkey Business) (1952)
『ラスベガス物語』(The Las Vegas Story)(1952)
『拾った女』(Pickup on South Street)(1953)
『底抜けふんだりけったり』(Money From Home) (1953)
『ヴィッキー』(Vicki)(1953)
『紳士は金髪がお好き』(Gentlemen Prefer Blondes)(1953)
『砂漠の鼠T』(he Desert Rats)(1953)
『折れた槍』(Broken Lance)(1954)
『帰らざる河』(River of No Return)(1954)
『奥様は芳紀十七才』(Susan Slept Here)(1954)
『東京暗黒街・竹の家』(House of Banboo) (1955)
『ラスト・フロンティア』(The Last Frontier)(1955)
『ボトム・オブ・ザ・ボトル』(The Bottom of the Bottle)(1956)
『無法の王者ジェシイ・ジェイムス』(The True Story of Jesse) (1957)
『眼下の敵』(The Enemy Below) (1957)
『西部の人』(Man of the West )(1958)
『ワーロック』(Warlock) (1959)
『よろめき珍道中』(The Facts of Life) (1960)
『ガールハント』(The Honeymoon Machine)(1961)
『不思議な世界の物語』(The Wonderful World of the Brothers Grimm)(1962)
『ラオ博士の7つの顔』(7 Faces of Dr. Lao) (1964)
『マードックの拳銃』(Guns of Diablo) (1965)
(作品は114作あり)



Poster
The Wonderful World of the Brothers Grimm (1962)
Soundtrack Suite (Leigh Harline)

「Soundtracks」

「踊るプリンセス」(Dancing Princess) Words and Music by Bob Merrill
「Ah-Oom」(Ah-Oom) Words and Music by Bob Merrill
「クリスマス・ランド」(Christmas Land) Words and Music by Bob Merrill
「Dee-Are-A-Gee-O-En」(Dee-Are-A-Gee-O-En) (Dragon) Words and Music by Bob Merrill
「歌う骨」(The Singing Bone) Music by Bob Merrill, Words by Charles Beaumont



<スーパーシネラマ映画>
『不思議な世界の物語』の撮影について
(シネラマ参照)

3本のフィルムを並列映写するシネラマ最初の劇映画となった『不思議な世界の物語』の撮影監督のポール・C・ヴォーゲルは、まず第一に苦心したのが、他の大型スクリーン映画にはないシネラマ特有の欠点と言われている3本並列映写に画面の継ぎ目をいかに目立たないようにすることにあった。そこで、継ぎ目の部分に構造物の柱や樹木などの線が写るように、また影が来るように構図を設定したり、ライティングの際にその部分が影となるように配光をし、こうすることによって、継ぎ目を目立たないようにすることが出来た。だが、これ以上に困難な問題が、この方式には生じた。たとえば、2人の俳優をスクリーン左右両端に配置して向かい合っている場面を真横からこの3本のレンズ付き特殊カメラで撮影したとすると、このカメラでは、3本のレンズが並行して全部真正面に向いてないので、左右2本のそれぞれのレンズに対して人物は2人とも斜め横向きになってしまう。

この結果、シネラマ・スクリーンに映し出された2人の俳優は、お互いに違う方向を見ていて向かい合っているようには見えないものになり、そこで、この2人は、顔を合わせるのでなく、あえて画面の奥の方向へ向く姿勢をとらなくてはならなくなる。 3本シネラマの撮影では、このような特殊な状況を考えて、人物の位置や目線の方向を設定することが必要となり、そして、人物が各画面の継ぎ目を横断する場面では、正確に焦点が合ってないと、隣の画像へ入ると同時に人物像の一部が、前にいた画面の端に再び出現してしまい二重像となってしまう。 (焦点が被写体がより前に合っている場合)また、隣の画像へ入った瞬間、前の画面から部分的に人物が消えるようなことも起こる。(焦点が被写体より後に合っている場合)従って、精密なピント合わせが絶対に必要となってくるばかりか、人物の動きを正確に決めておかねばならない。

poster
The Wonderful World Of The Brothers Grimm
Preview In Denver (1962)

人物が継ぎ目に所で立ち止って2等分されるようなことがあってはならないからである。 「シネラマ」及び「スーパーシネラマ」の特殊カメラは、それぞれ焦点距離27mmの広角レンズ3本を装備しており、そのために画面の奥行きが非常に誇張された映像になる。そこで、室内セットは大きく見えないようにするため、通常の映画よりも狭く作られた。広角レンズでは、背景の壁面が全部写ってしまうだけでなく、天井と床の大部分も写るため、セットの壁を極端に高いものにするか、もしくは、通常の高さの壁に天井を全部付けるか、どちらかを選択しなくてはならない。そのような事から大分部のセットでは、天井を全部付ける方法で建設されたが、しかし、この場合、ライトをセット上方に設置出来ず、床に置くしかない。

それに加えて超広角の撮影となるため、カメラより後方にライトを設置する必要が生じてくるので被写体後方からの照明がまったく出来ない。そこで、フラット・ライティングを避けるために多くのライトを一方に集めて設置し、カメラ・ブリンプ(防音カバー)の上部に追加の押さえライトを付けることになった。 このような困難な状況下で、さらにヴォーゲルは、天井の梁や家具、もしくは動かない俳優等の影にライトを隠したが、切り返しの場面のように撮影位置が変われば、当然ライトの位置も変えなくてはならない。そのため、通常の撮影と同様、移動の場面を先に撮影し、後でそれに合わせたライティングで関連した挿入カットを撮ることになった。 それと反対に「踊るお姫様」のエピソードでは、馬車や小道具、そして動かない俳優の影に慎重にライトを隠して先に固定の場面を撮影し、カメラがセット全体を回って主人公たちを追う場面になると、ライトが写ってしまうので、大セット上下にライトを移した。

ヴォーゲルは、シネラマ・カメラを使った仕事は面白いが、特に室内撮影で照明に限界があるので、撮影方法は他の70mm方式よりも非常に難しいと言っている。シネラマが開発されてから、長い年月の間、劇映画が作られなかったのは、以上のように様々な撮影時の難題が出たため特に技術的制限が多すぎるからであったと思われる。

西ドイツでローケーションされた「踊るお姫様」の馬車の疾走シーンでは、木こりが馬車から飛び降りて坂を転がって行く場所があり、見た目の主観的な描写が出てくる。この場面は、特別に作った鉄製の大きな円形枠の中にバッテリーと共に取り付けられたカメラのスイッチを入れた後、これを無人の状態で斜面から転がり落として撮影したものである。この後、木こりが馬車追いかけて狭い橋を渡る場面があるが、この橋は1866年に架けられた最古の鉄橋で、一度に4人乗ると危険であると言われていた。ところが、重い「スーパーシネラマ・カメラ」に加えて、何回も10人〜12人のスタッフが一度に、この橋に乗ったために橋板が外れてしまい、スタッフは、これを奇禍(思いがけない災難に遭う)として木こりが谷間に落ちそうとなる場面を撮った。橋からロープでぶら下げられた大型カメラによって壮観なショットが撮影され、現実感溢れる名場面が出来上がった。

グリム兄弟が住んでいたカッセルは、第二次世界大戦で爆撃を受け、その後、復興されていたので昔の建物や道路はほとんど残っていなかった。そこで、伝説的な物語の大部分は、中世の面影を残すローテンブルグで撮影され、このローテンブルグでの丸石畳の道の移動撮影は、クレーンや移動車などを使う通常の手段では困難で、そこで移動撮影用の橋が考案され、事前にMGM撮影所にある丸石畳でテストが行われた。その結果が良好であったので、ロケ地となった西ドイツで同仕様の橋を製作し、これを撮影用に使用した。 この移動用橋は、録音時にノイズが入ってしまうためにモーターを使用することが出来なく、人力によって動かす以外に方法がなかった。併し、この橋を使った移動ショットは大成功し、振動も極めて少なく、上り下りもスムーズに移動撮影が可能となった。

人形アニメーションの撮影は「スーパーシネラマ」カメラの3本レンズのポジションをあらかじめ正確に設定しておいて、1台1本レンズ・カメラを移動させて、左、中央、右それぞれのポジションで、同一場面を1コマずつ撮影する方法で行われた。この後、人形を少し動かし、再び左から中央、右の順で撮影を行い、そして、この左、右、中央、右、左、中央、二義の画像が並ぶネガから3コマごとに抜き焼きして、それぞれのレンズの画像のフィルム3本を作成するもので、このような作業を行ったのは、コマ撮り用のカメラが2台しかなかったからと言われている。

本作品は、アメリカや日本では公開当時、正式な「スーパーシネラマ」の名称でなく、単に「シネラマ」の表記やロゴが宣伝されていた。 テアトル東京の興行成績は動員27万5221人、興行収入は1億1340万。一般公開は1965年8月21日から7日間、新宿スカラ座など8館で行われ、動員23433人、興行収入は641万だった。本作品がDVD化されないのは、この映画のネガを保管していた倉庫の火災により、ネガが水浸しになってしまい、リストアが出来なくなってるからなのだという話は真実でなく、"IMDb"によると、オリジナルの3パネル・シネラマ・カメラ・ネガが水浸しになり破損されたので『不思議な世界の物語』は、「復元される」ことが出来なかったという話は真実でなく、3つのシネラマ・パネルのそれぞれの置換処理が高価なのが理由にあるようで、リストアは不可能でないようである。








第35回アカデミー賞(1962年)

アカデミー賞受賞式は、1963年4月8日に発表、授賞式がフランク・シナトラ司会で行われた。授賞式では、デヴィッド・リーンの『アラビアのロレンス』が作品賞を始めとする7部門を受賞した。
『不思議な世界の物語』では、4部門ノミネート中、衣裳デザイン賞(カラー)が受賞となった。

(ノミネート)
音楽賞:リー・ハーライン
美術:エドワード・カーファグノ、ジョージ・W・デイヴィス
装置:ヘンリー・グレイス、ディック・ペフェール

(受賞)
衣裳デザイン賞(カラー):メアリー・ウィルズ

(アメリカ映画、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー&シネラマ社製作、シネラマ7-トラック、カラー、アスペクト比:2.59:1、135分)
(アメリカ公開:1962年8月7日(Los Angeles,New York City)(premiere)
(日本公開:1965年8月21日)



メデイア(The media)


LD

『不思議な世界の物語』レーザー・デスク
(The Wonderful World of the Brothers Grimm)
LaserDisc

(1997, MGM Home Entertainment & Turner Entertainment Co.Color NTSC, 日本語/英語, スコープ・サイズ, Stereo, Dolby Surround,3面135min.)



ローレンス・ハーヴェイ(Laurence Harvey)

Laurence Harvey ローレンス・ハーヴェイは、1928年10月1日、リトアニアでユダヤ系の家庭に生まれ、5歳のときに南アフリカに移住しヨハネスブルグで育った。第二次世界大戦が勃発すると南アフリカ軍に従軍し、終戦後にはロンドンに移った。その後、王立演劇学校で演技をび舞台に立ったが、1948年に、イギリス映画 『暗闇の家』(House of Darkness) (Harry Reynolds Productions)でデビューし、映画に出演するようになった。やがて、20代後半からハリウッドに移住し、26歳の時に『善人は若死にする』(The Good Die Young)(1954年)(未公開)、『獅子王リチャード』(King Richard and the Crusaders)(日本公開:1955年4月3日)や『ロミオとジュリエット』(Romeo and Juliet)(未公開) などに出演して評判となった。

1958年の『年上の女』(Room at the Top)(日本公開:1959年7月18日) では、シモーヌ・シニョレと主演し、第32回米国アカデミー主演男優賞にノミネートされたが、主演女優賞にシモーヌ・シニョレが選ばれ、彼女はカンヌ国際映画祭女優賞も獲得しダブル受賞した。ハーヴェイは、端正で古風な顔立ちだったので、重厚で知的な役どころが多く、現代劇やミステリーなど、それにスパイ物から歴史物まで演技の幅は広く、1950年代から70年までテレビでも活躍していた。 1963年に『脱走計画』(The Ceremony)を監督、 1968年には、二重スパイを描いた『殺しのダンディー』(A Dandy in Aspic)(監督:アンソニー・マン、ローレンス・ハーヴェイ(uncredited)、 1969年には、『彼女と彼』( L' Assoluto naturale)を監督、製作 (producer - uncredited) している。 その後、体調不良を訴えていたが胃癌の進行により1973年11月25日に死去した。45歳の若さだった。

Laurence Harvey

私生活では、1957年8月、マーガレット・レイトン(Margaret Leighton)と結婚、1961年1月に離婚、1968年10月ジョアン・ペリー(Joan Perry)と再婚、1972年2月離婚、同年12月にポーリーン・ストーン(Paulene Stone)と再婚、ハーヴェイの死まで連れ添った。1子あり。

ローレンス・ハーヴェイ出演作品
(Filmography:Laurence Harvey)

『暗闇の家』(House of Darkness) (1948)

House of Darkness (1948) "Full Movie"
『昨日からの男』(The Man from Yesterday) (1949)
『逃走中の男』(Man on the Run) (1949)
『陸地到着』(Landfall) (1949)
『熱砂の掟』(Cairo Road) (1950)
『ダンシング・イヤーズ』(The Dancing Years) (1950)
『ブラック・ローズ』(The Black Rose) (1950)
『セブン・デイズ・トゥ・ヌーン』(Seven Days to Noon) (1950)
『緋色のスレッド』(Scarlet Thread) (1951)
『ゼアー・イズ・アナザー・サン』(There Is Another Sun) (1951)
『アイ・ビリーブ・イン・ユー』(I Believe in You) (1952)
『キラーズ・ウォークス』(A Killer Walks) (1952)

A Killer Walks (1952) "Full Movie"
『たそがれの女性』(Women of Twilight) (1952)
『浮気は巴里で』(Innocents in Paris) (1953)
『円卓の騎士団』(Knights of the Round Table) (1953)
『善人は若死にする』(The Good Die Young) (1954)

The Good Die Young (1954) "Full Movie"
『獅子王リチャード』(King Richard and the Crusaders) (1954)
『ロミオとジュリエット』(Romeo and Juliet) (1954)
『嵐の中の青春』(I Am a Camera) (1955)

I Am a Camera (1955) "Full Movie"
『ストーム・オーヴァーザ・ナイル』(Storm Over the Nile) (1955)
『ボートの3人』(Three Men in a Boat) (1956)
『舞踏会のあと』(After the Ball) (1957)
『女性についての真実』(The Truth About Women) (1957)
『静かな敵』(The Silent Enemy) (1958)

The Silent Enemy (1958) "Full Movie"
『年上の女』(Room at the Top) (1958)
『エクスプレッソ・ボンゴ』(Expresso Bongo) (1959)
『アラモ』(The Alamo) (1960)

The Alamo (1960) "Full Movie"
『バタフィールド8』(BUtterfield 8) (1960)
『ロング・アンド・ショート・アンド・トール』(The Long and the Short and the Tall) (1961)
『2つの恋』(Two Loves) (1961)
『肉体のすきま風』(Summer and Smoke) (1961)

Summer and Smoke (1961) "Full Movie"
『荒野を歩け』(Walk On The Wild Side) (1962)
『不思議な世界の物語』(The Wonderful World of the Brothers Grimm) (1962)
『影なき狙撃者』(The Manchurian Candidate) (1962)
『忘れえぬ慕情』(A Girl Named Tamiko) (1963)
『走っている人』(The Running Man) (1963)
『脱走計画』(The Ceremony) (1963)
『暴行』(The Outrage) (1964)
『ダーリング』(Darling) (1965)
『ライフ・アト・ザ・トップ』(Life at the Top) (1965)
『ブルドッグ作戦』(The Spy with a Cold Nose) (1966)
『冬の物語』(The Winter's Tale) (1967)
『殺しのダンディー』(A Dandy in Aspic) (1968)
『チャージ・オブ・ライト・ブリゲート』(The Charge of the Light Brigade) (1968)
『-』(Kampf um Rom I) (1968)
『-』(Rebus) (1969)
『-』(Kampf um Rom II - Der Verrat) (1969)
『マジック・クリスチャン』(The Magic Christian) (1969)
『彼女と彼』( L' Assoluto naturale) (1969)

L' Assoluto naturale (1969) "Full Movie"
『WUSA』(WUSA) (1970)
『チャイコフスキー』(Chaykovskiy) (1970) Narrator
『デープ』(The Deep) (1970)
『亡命者』(Escape to the Sun) (1972)
『夜をみつめて』(Night Watch) (1973) 『オーソン・ウェルズのフェイク』(Orson Welles no Fake) (1973)
『アロー・ビーチへようこそ』(Welcome to Arrow Beach) (1974)
『イエロー・ヘデット・サマー』(Yellow-Headed Summer) (1974)

  TV Series

『-』(BBC Sunday-Night Theatre) (1950-1953)
『-』(The Alcoa Hour) (1955)
『-』(Omnibus) (1959)
『-』(Alfred Hitchcock Presents) (1959)
『-』(ITV Play of the Week) (1955-1959)
『-』(The Flood) (TV Movie) (1962)
『-』(Dial M for Murder) (TV Movie) (1967)
『-』(ITV Saturday Night Theatre) (1971)
『-』(Night Gallery) (1972)
『刑事コロンボ「断たれた音』(Columbo: The Most Dangerous Match) (1973)

カール・ベーム(Karlheinz Bohm)

Karlheinz Bohm カール・ベームは、1928年3月16日、ドイツのダルムシュタット生まれ、父は著名な指揮者のカール・ベームで母はオペラ歌手という、両親ともに音楽家だったこともあって、当初はピアニストを目指していたらしい。併し、その後、映画監督についてカール・ハートル監督に師事したが、俳優に転向した。1955〜57年のオーストリア映画『プリンセス・シシー』3部作では、ロミー・シュナイダーと共演し、一躍脚光を浴びた。この映画は、オーストリアがハプスブルグ帝国だった時代のエリザベス皇后の若き日を描いたもので、エリザベス皇后エリザベス役を演じたロミー・シュナイダー、カール・ベームは、若き皇帝フランス・ヨゼフ一世を好演している。

『未完成交響楽』(1959)では、恋に苦悩するシューベルトを熱演したが、1962年の『不思議な世界の物語』ではグリム兄弟の兄ヤコプを演じ、旧西ドイツをはじめ、アメリカ、フランス、イギリスなど国際的に活躍した。1963年の『-』(Rififi a Tokyo)(日本未公開)では、本作の撮影のため来日し、岸惠子や岡田英次らと共演している。1976年に呼吸器疾患により俳優稼業を一時中止し、療養のためにアフリカのケニア滞在した。そこで、初めてアフリカの人々の貧困を身近に感じたと言う。1981年にドイツであるテレビ番組で、アフリカ救済のための寄付を募り、それを資金としてエチオピアに戻り、実際にアフリカ救援団体(Menschen fur Menschen)を設立して俳優稼業は引退した。

2001年には、ドイツ連邦共和国功労勲章を受章し、2008年に第58回ベルリン国際映画祭で特別功労賞を受賞している。2007年に交通事故に遭って健康状態が悪化し、後年にはアルツハイマーを発病していたことも明らかになる。2014年5月29日、ザルツブルグ近郊の自宅にして死亡した。86歳だった。

Karlheinz Bohm
Karlheinz Bohm "Tribute"
私生活では、1954年、エリザベート・トネワ(Elisabeth Zonewa)と結婚、1957年に離婚、1子あり。1958年にガルダ・ブラウ(Gudula Blau)と再婚、1962年に離婚、3子あり。1963年にバーバラ・ラス(Barbara Lass)と再婚、1980年に離婚、1子あり。1991年11月、30歳以上若いアルマッ・ベーム(Almaz Bohm)と再婚、彼が死去するまで連れ添った。2子あり。

カール・ベーム出演作品
(Filmography:Karlheinz Bohm)

『-』(Der Engel mit der Posaune)(1948)
『-』(Hollische Liebe)(1949)
『-』(Wienerinnen)(1952)
『-』(Haus des Lebens)(1952)
『妖花アラウネ』(Alraune) (1952)

Alraune (1952) "Full Movie"
『-』(Der Weibertausch)(1952)
『-』(Der Tag vor der Hochzeit)(1952)
『-』(Salto Mortale)(1953)
『-』(Arlette erobert Paris)(1953)
『-』(Der unsterbliche Lump)(1953)
『-』(Hochzeit auf Reisen)(1953)
『-』(Die Sonne von St. Moritz)(1954)
『-』(Die heilige Luge)(1954)
『-』(...und ewig bleibt die Liebe)(1954)
『-』(Die Hexe )(1954)
『-』(Ewiger Walzer)(1954)
『-』(Die goldene Pest)(1954)
『-』(Ich war ein hasliches Madchen )(1955)
『-』(Unternehmen Schlafsack)(1955)
『-』(Sommarflickan )(1955)
『プリンセス・シシー』(Sissi) (Film) (1955)

Sissi (1955) "Full Movie"
『-』(Dunja )(1955)
『-』(Die Ehe des Dr. med. Danwitz)(1956)
『-』(Kitty und die grose Welt)(1956) 『ニーナ』(Nina) (1956)
『若き皇后シシー』(Sissi) - Die junge Kaiserin (1956)

Sissi (1956) "Full Movie"
『-』(Blaue Jungs)(1957)
『-』(Das Schlos in Tirol)(1957)
『シシー ある皇后の運命の歳月』(Sissi) - Schicksalsjahre einer Kaiserin (1957)

Sissi (1957) "Full Movie"
『-』(The Stowaway)(1958)
『-』(Man muste nochmal zwanzig sein)(1958)
『-』(Das haut einen Seemann doch nicht um)(1958)
『未完成交響楽』(Das Dreimaderlhaus)(1958)

Das Dreimaderlhaus (1958) "Full Movie"
『-』(Kriegsgericht)(1959)
『-』(La Paloma)(1959)
『血を吸うカメラ』(Peeping Tom) (1960)

Peeping Tom (1960) "Full Movie"
『地獄の罠』(Too Hot to Handle) (1960)

Too Hot to Handle (1960) "Full Movie"
『-』(Der Gauner und der liebe Gott)(1960)
『黙示録の四騎士』(The Four Horsemen of the Apocalypse) (1961)

The Four Horsemen of the Apocalypse (1961)
"Full Movie"

『ベートーヴェン/気骨の楽聖』(The Magnificent Rebel) (1961)
『-』(La croix des vivants)(1962)
『不思議な世界の物語』(The Wonderful World of the Brothers Grimm) (1962) 
『翼のリズム』(Come Fly with Me) (1963)

Come Fly with Me (1963) "Full Movie"
『-』(Rififi a Tokyo)(1963)
『-』(L'heure de la verite)(1965)
『ベネチア事件』(The Venetian Affair) (1966)
『-』(Schlos Hubertus)(1973)
『-』(Fontane Effi Briest)(1974)
『自由の代償』(Faustrecht der Freiheit) (1975)

Faustrecht der Freiheit (1975) "Full Movie"
『-』(Mutter Kusters' Fahrt zum Himmel)(1975)
『-』(Inflation im Paradies)(1988)

  TV Series

『-』(Examen des Lebens) (TV Movie) (1958)
『-』(Disneyland) (1962)
『バージニアン』(The Virginian) (1963)
『バークにまかせろ』(Burke's Law) (1963)
『コンバット!』(Combat!) (1963)
『-』(Ein idealer Gatte)(TV Movie) (1969)
『-』(Traumnovelle)(TV Movie) (1969)
『-』(Literatur)(TV Movie)(1970)
『-』(Verdacht gegen Barry Croft)(TV Movie)(1972)
『-』(Motiv Liebe)(1972)
『-』(Immobilien)(TV Movie)(1973)
『-』(Vabanque)(TV Movie)(1973)
『-』(Martha)(TV Movie)(1974)
『-』(Im Hause des Kommerzienrates)(TV Movie)(1975)
『-』(Seniorenschweiz)(TV Movie)(1976)
『-』(Die Tannerhutte)(TV Movie)(1976)
『-』(Tatort)(1978)
『-』(Kur in Travemunde)(TV Movie)(1979)
『-』(Ringstrasenpalais)(1983)
『-』(Der Bergdoktor)(1996)

クレア・ブルーム (Claire Bloom)

Claire Bloom クレア・ブルーム(本名:Patricia Claire Blume)は、1931年2月15日、母エリザベスと販売業務に携わる父エドワード・マックス・ブルーのもとにロンドン郊外生まれ、父は東ヨーロッパからのユダヤ人の移民であった。ブルームはブリストルのバドミントン学校へ通ったが、その後、ギルドホール音楽学校でドラマやスピーチなどのトレーニングを受け、BBCのラジオ・プログラムでデビュー、15歳の時に、オックスフォード・レパートリー劇場でデビューした。

ロンドンの初舞台は1947年にヒットしたクリストファー・フライが上演した『レデイズ・ノット・フォー・バーニング』(The Lady's Not For Burning)で、若いリチャード・バートンやジョン・ギールグッド、パメラ・ブラウンなどと共演、後にブロードウェイでも上演された。翌年、ウィリアム・シェイクスピアの『ハムレット』(Hamlet)でオフィーリアを演じ喝采を浴び、その後、ロンドンやニューヨークの劇場に出演し、テネシー・ウィリアムズの『欲望という名の電車』(A Streetcar Named Desire)の舞台にも立ったが、1948年、イギリス映画『ブラインド・ゴットネス』(The Blind Goddess)で映画にデビューし、チャーリー・チャップリンの『ライムライト』(Limelight)のヒロインに抜擢された。その後、『リチャード三世』(Richard III)(1955)、『アレキサンダー大王』(Alexander The Great)(1956)、『カラマゾフの兄弟』(The Brothers Karamazov)(1957)、『不思議な世界の物語』(The Wonderful World of the Brothers Grimm)(1962)など、多くの映画に出演している。

Claire Bloom
Claire Bloom "Movie Legends"
私生活では、クレア・ブルームの最初の結婚は、1959年に共演した俳優ロッド・スターガーで、娘のアンナ・スタイガー (born February 13, 1960 in Los Angeles, U.S.)は、オペラ歌手になっている。二人は1969年に離婚し、同年、プロデューサーのヒラード・エルキンス結婚したが、3年後の1972年に離婚した。三度目の結婚は1990年4月29日、作家のフィリップ・ロスと結婚したが、1995年に別れている。 クレア・ブルームは人生とキャリアについて2つの回想録『人形の家を後にして』を書いている。一つ目は、『ライムライト』と、その後のキャリアと映画の詳細や演技などについて書かれ、二つ目は、恋愛や結婚のことなど個人的な生活について回想されている。

クレア・ブルーム出演作品
(Filmography:Claire Bloom)

『ブラインド・ゴットネス』(The Blind Goddess)(1948)

The Blind Goddess (1948) "Full Movie"
『-』(La bergere et le ramoneur) (1952)
『ライムライト』(Limelight)(1952)
『浮気は巴里で』(Innocents in Paris)(1953)
『二つの世界の男』(The Man Between)(1953)
『リチャード三世』(Richard III)(1955)
『アレキサンダー大王』(Alexander The Great)(1956)

Alexander The Great (1956) "Full Movie"
『カラマゾフの兄弟』(The Brothers Karamazov)(1957)
『大海賊』(The Buccaneer)(1958)
『怒りを込めて振り返れ』(Look Back in Anger)(1959)
『プレイハウス90』(Playhouse 90)(1959)
『-』(Schachnovelle)(1960)
『チェックメイト』(Checkmate)(1961)
『不思議な世界の物語』(The Wonderful World of the Brothers Grimm)(1962)
『チャップマン報告』(The Chapman Report)(1962)

The Chapman Report (1962) "Full Movie"
『-』(Il maestro di Vigevano)(1963)
『-』(80,000 Suspects)(1963)
『たたり』(The Haunting)(1963)
『-』(Alta infedelta)(1964)
『暴行』(The Outrage)(1964)
『寒い国から帰ったスパイ』(The Spy Who Came in from the Cold)(1965)

The Spy Who Came in from the Cold (1965)
"Full Movie"

『まごころを君に』(Charly)(1968)

Charly (1968) "Full Movie"
『いれずみの男』(The Illustrated Man)(1969)
『濡れてる牝猫』(Three into Two Won't Go)(1969)

Three into Two Won't Go (1969) "Full Movie"
『-』(A Severed Head)(1970)
『朝焼けの空』(Red Sky at Morning)(1971)
『海流のなかの島々』(Island in the Stream)(1977)
『タイタンの戦い』(Clash of the Titans)(1981)
『ブライズヘッドふたたび』(Brideshead Revisited) (1981)
『アナスタシア/光・ゆらめいて』(Anastasia: The Mystery of Anna) (1986)
『サミー&ロージィ それぞれの不倫』(Sammy and Rosie Get Laid)(1987)
『ヒュー・グラントの浪漫騎士』(The Lady and the Highwayman) (1988)
『ウディ・アレンの重罪と軽罪』(Crimes and Misdemeanors)(1989)
『誘惑のアフロディーテ』(Mighty Aphrodyte)(1995)
『デイライト』(Daylight)(1996)

Daylight (1996) "Full Movie"
『-』(Wrestling with Alligators)(1998)
『-』(The Book of Eve)(2002)
『-』(The Republic of Love)(2003)
『ジャスティス』 闇の迷宮(Imagining Argentina)(2003)

Imagining Argentina (2003) "Full Movie"
『チャーリー・チャップリンのライフ・アンド・アート』(The Life and Art of Charlies Chaplin)(2003)
『-』(Daniel and the Superdogs)(2004)
『英国王のスピーチ』 (The King's Speech) (2010)

  TV Series

『-』 (The Marvellous History of St. Bernard) (TV Movie) (1952)
『-』 (BBC Sunday-Night Theatre) (1952)
『-』 (As the World Turns) (1956)
『-』 (Producers' Showcase) (1955-1957)
『-』 (Goodyear Television Playhouse) (1957)
『-』 (Shirley Temple's Storybook) (1958)
『-』 (Playhouse 90) (1959)
『-』 (Checkmate) (1961)
『-』 (Anna Karenina) (TV Movie)(1961)
『-』 (Wuthering Heights) (TV Movie)(1962)
『-』 (Camera Three) (1964)
『-』 (ITV Play of the Week) (1966)
『-』 (Bob Hope Presents the Chrysler Theatre) (1967)
『-』 (Soldier in Love) (TV Movie)(1967)
『-』 (The Bell Telephone Hour) (1967)
『-』 (Late Night Horror) (1968)
『-』 (The Going Up of David Lev) (TV Movie)(1973)
『-』 (Wessex Tales) (TV Mini-Series) (1973)
『-』 (Aquarius) (1974)
『-』 (A Legacy) (1975)
『-』 (In Praise of Love) (TV Movie)(1976)
『-』 (Backstairs at the White House) (TV Mini-Series) (1979)
『-』 (Oresteia) (TV Mini-Series) (1979)
『-』 (Hamlet, Prince of Denmark) (TV Movie)(1980)
『-』 (CBS Library) (1981)
『-』 (Brideshead Revisited) (TV Mini-Series) (1981)
『-』 (Cymbeline) (TV Movie)(1982)
『-』 (Separate Tables) (TV Movie)(1983)
『-』 (American Playhouse) (1984)
『-』 (Ellis Island ) (TV Mini-Series) (1984)
『-』 (The Life and Death of King John) (TV Movie)(1984)
『-』 (Florence Nightingale) (TV Movie)(1985)
『-』 (Promises to Keep) (TV Movie)(1985)
『-』 (Time for Murder) (1985)
『-』 (Time and the Conways) (TV Movie)(1985)
『ある作家の死』 (Shadowlands) (TV Movie)(1985)
『-』 (Ann and Debbie) (TV Movie)(1986)
『-』 (Liberty) (TV Movie)(1986)
『-』 (The Theban Plays by Sophocles) (1986)
『-』 (Hold the Dream) (TV Movie)(1986)
『-』 (Anastasia: The Mystery of Anna) (TV Movie)(1986)
『-』 (TIntimate Contact) (1987)
『-』 (Queenie) (TV Movie)(1987)
『-』 (Beryl Markham: A Shadow on the Sun) (TV Movie)(1988)
『-』 (The Lady and the Highwayman) (TV Movie)(1989)
『-』 (The Camomile Lawn) (TV Mini-Series) (1992)
『-』 (Miss Marple: The Mirror Crack'd from Side to Side) (TV Movie)(1992)
『-』 (It's Nothing Personal) (TV Movie)(1993)
『-』 (Remember) (TV Movie)(1993)
『-』 (The Poetry Hall of Fame) (TV Movie)(1993)
『-』 (American Masters) (TV Series documentary) (1994)
『-』 (A Village Affair) (TV Movie)(1995)
『-』 (Family Money) (1997)
『-』 (What the Deaf Man Heard) (TV Movie)(1997)
『-』 (Imogen's Face) (1998)
『-』 (The Lady in Question) (TV Movie)(1999)
『-』 (Tales from the Madhouse) (TV Mini-Series) (2000)
『-』 (Love and Murder) (TV Movie)(2000)
『-』 (Yesterday's Children) (TV Movie)(2000)
『LAW & ORDER:犯罪心理捜査班』 (Law & Order: Criminal Intent) (2004)
『-』 (Jericho) (2005)
『アガサ・クリスティー ミス・マープル2 親指のうずき』 (Agatha Christie's Marple) (2006)
『-』 (The Chatterley Affair) (TV Movie)(2006)
『-』 (The Ten Commandments) (TV Movie)(2006)
『-』 (Trial & Retribution) (2006-2007)
『ニュー・トリックス?退職デカの事件簿?』 (New Tricks) (2008)
『-』 (Fiona's Story) (2010)
『-』 (Doctor Who) (2010)
『-』 (The Bill) (2010)
『-』 (Casualty) (2013)
『-』 (Doc Martin) (2005-2013)
『-』 (Midsomer Murders) (2015)

イヴェット・ミミュー(Yvette Mimieux)

Yvette Mimieux イヴェット・ミミュー(Yvette Carmen Mimieux)は、1942年1月8日、カルフォルニア州、ロサンゼルスでフランス人の父とメキシコ人の母との家庭に生まれた。彼女は映画女優のキャリアが始まる15歳の時に、エルビス・プレスリーの1957年の映画『監獄ロック』(Jailhouse Rock)に出演する女の子役を演じるために美人コンテストに選ばれた4人のひとりであった。だが、彼女は、映画での水着の女の子役を演じるためにセットに招待されたのだが、残念ながら選ばれなかった。併し、彼女の最も早いスクリーン・デビューに『ボーイハント』(Where the Boys Are)((1960)があったが、更にH. G. ウエルズの1895年の小説の映画化であるジョージ・パルの『八十万年後の世界へ タイム・マシン』(The Time Machine)(1960)では、ロッド・テイラーと共演した。それにオリヴィア・デ・ハビランド、ジョージ・ハミルトンと共演した『広場の灯』(The Light in the Piazza) (1962) や『不思議な世界の物語』(The Wonderful World of the Brothers Grimm) (1962)では、ラス・タンブリンと見事なダンスを披露し魅了した。

1963年には『ダイアモンド・ヘッド』(Diamond Head)、『アテネのおもちゃ』(Toys in the Attic)などに出演し、1968年にはロッド・テーラーと『戦争プロフェショナル』(The Mercenaries/Dark of the Sun)で再共演している。1963年以降、彼女が出演した映画は批判的で商業的にも思わしくなかったが、1970年の『ピカソの夏』(The Picasso Summer)では、共演したアルバート・フィニーと同様に批評家や観客に賞賛された。

彼女はテレビ作品『キルデア博士』(Dr. Kildare)のエピソード(1964)、その後、同じくテレビ映画『ヴァレンチノの伝説』(The Legend of Valentino) (1975)でヴァレンチノの2度目の妻"Natacha Rambova"を演じ、映画『ジャクソン・ジェイル』(Jackson County Jail)(1976)では、サディスト的に犠牲にされ誤って投獄された女性を熱演したが、1979年には、パレンタル・ガイダンス映画であるウォルト・デイズニー映画『ブラック・ホール』(The Black Hole)に出演している。(Parental Guidance:親の指導が望ましい映画)

ミミューは1984年の『執拗な愛情』(Obsessive Love)のテレビ映画で、脚本や製作を共同で手がけ主演もして多彩な才能を披露している。彼女が最後に出演した映画はテレビ・映画 『レデイ・ボス』(Lady Boss)(1992)だったが、テレビ・短篇ドラマ『ベリンジャーズ』(Berrenger's)(1985)では、デパートの役員、シェーン・ブラッドレー役を好演している。

Yvette Mimieux
Yvette Mimieux "Love of my life" (Queen)
私生活では、1992年に女優をリタイアしたが、彼女は不動産投資事業をしており、またヨガの愛好者で、1972年に映画監督スタンレー・ドーネン(Stanley Donen)と結婚したが、1985年に離婚した。その後、1986年に世界的なオーク材商社のハワード・F・ルビー(Howard F. Ruby)会長と再婚している。子供はいない。

スタンレー・ドーネン(Stanley Donen)は、1948年4月にダンサーのジーン・コイン(Jeanne Coyne)と結婚、1951年5月離婚、1952年5月、女優マリオン・マーシャル(Marion Marshall)と再婚、1959年に離婚、2子あり。(マリオンは1963〜1971年まで ロバート・ワグナーと結婚していた)。1960年9月アベル・オコーナー・ビーテイ(Adelle O'Connor Beatty)と再婚、1971年2月離婚、1子あり。1972年に女優イヴェット・ミミュー(Yvette Mimieux)と再婚、1985年1月に離婚した。1990年にパメラ・バーデン(Pamela Braden)と再婚したが1994年に別れている。

イヴェット・ミミュー出演作品
(Filmography:Yvette Mimieux)

『ある微笑』(A Certain Smile)(uncredited) (1958)

A Certain Smile (1958) "Full Movie"
『プラチナ・ハイスクール』(Platinum High School) (1960)
『八十万年後の世界へ タイム・マシン』(The Time Machine) (1960)

The Time Machine (1960) "Full Movie"
『ボーイハント』(Where the Boys Are) (1960)

Where the Boys Are (1960) "Full Movie"
『黙示録の四騎士』(Four Horsemen of the Apocalypse)(1961)
『広場の灯』(Light in the Piazza) (1962)

Light in the Piazza (1962) "Full Movie"
『不思議な世界の物語』(The Wonderful World of the Brothers Grimm) (1962)
『ダイアモンド・ヘッド』(Diamond Head) (1963)
『アテネのおもちゃ』(Toys in the Attic) (1963)
『ハートでキッス』(Looking for Love) (1964)

Looking for Love (1964) "Full Movie"
『朝の歓び』(Joy in the Morning) (1965)
『メキシコで死ね』(The Reward) (1965)
『モンキー・ゴー・ホーム!』(Monkeys, Go Home!) (1967)
『ケープ・オブ・ゴールデン・ブル』(The Caper of the Golden Bulls) (1967)
『宝石を狙え ゴールデン・ブル作戦』(Carnival of Thieves) (1967)
『戦争プロフェショナル』(The Mercenaries/Dark of the Sun) (1968)
『アテネの3人』(Three in the Attic) (1968)
『ピカソの夏』(The Picasso Summer) (1969)
『デルタ・ファクター』(The Delta Factor) (1970)
『ハイジャック』(Skyjacked) (1972)
『深海征服』(The Neptune Factor) (1973)

The Neptune Factor (1973) "Full Movie"
『恐怖の旅』(Journey Into Fear) (1975)
『ジャクソン・ジェイル』(Jackson County Jail) (1976)

Jackson County Jail (1976) "Full Movie"
『ブラック・ホール』(The Black Hole) (1979)

The Black Hole (1979) "Full Movie"
『パワーのサークル』(Circle of Power) (1981)

Circle of Power (1981) "Full Movie"
『魅惑』(The Fascination) (1985)
『ジョージ・パルのファンタジー映画の世界』(The Fantasy Film Worlds of George Pal) (1985) (documentary)

  TV Series

『-』(Yancy Derringer) (1959)
『-』(One Step Beyond) (1960
) 『-』(Mr. Lucky) (1960)
『キルデア博士』(Dr. Kildare) (1964)
『-』(The Desperate Hours) (1967)
『-』(The Most Deadly Game) (1970 - 1971)
『-』(Death Takes a Holiday)(TV Movie) (1971)
『-』(Black Noon)(TV Movie) (1971)
『-』(Hit Lady)(TV Movie) (1974)
『ヴァレンチノの伝説』(The Legend of Valentino)(TV Movie) (1975)
『-』(Bell, Book and Candle) (TV Movie) (1976)
『-』(Snowbeast) (TV Movie) (1977)
『-』(Ransom for Alice!) (TV Movie) (1977)
『-』(Devil Dog: The Hound of Hell) (TV Movie) (1978)
『-』(Outside Chance) (TV Movie) (1978)
『-』(Disaster on the Coastliner) (TV Movie) (1979)
『-』(Forbidden Love) (TV Movie) (1982)
『-』(Night Partners) (TV Movie) (1983)
『執拗な愛情』(Obsessive Love) (TV Movie) (1984)
『ベリンジャーズ」(Berrenger's) (1985)
『-』(Lime Street) (1985)
『-』(The Fifth Missile) (TV Movie) (1986)
『-』(The Love Boat) (TV Movie) (1984-1986)
『-』(Perry Mason: The Case of the Desperate Deception) (TV Movie) (1990)
『レデイ・ボス』(Lady Boss) (TV Movie) (1992)

ラス・タンブリン(Russ Tamblyn)

Russ Tamblyn


ラス・タンブリン出演作品集
(Filmography:Russ Tamblyn)





キャスト(役名)

ローレンス・ハーヴェイ (Laurence Harvey) (Wilhelm Grimm / The Cobbler) ('The Cobbler and the Elves')
カール・ベーム(Karlheinz Bohm)(Jacob Grimm)
クレア・ブルーム (Claire Bloom )(Dorothea Grimm)
ウォルター・スレザック(Walter Slezak)(Stossel)
バーバラ・イーデン(Barbara Eden )(Greta Heinrich )
オスカー・ホモルカ(Oskar Homolka)(The Duke)
アーノルド・スタング(Arnold Stang)(Rumpelstiltskin)
マーティナ・ハント(Martita Hunt)(Anna Richter) (Story Teller)
ベテイー・グレイド(Betty Garde)(Miss Bettenhausen)
ブライアン・ラッセル(Bryan Russell)(Freidrich Grimm)
イアン・ウルフ(Ian Wolfe)(Gruber)
タミー・マリハー(Tammy Marihugh)(Pauline Grimm)
チェリオ・メデス(Cheerio Meredith)(Mrs. Von Dittersdorf)
ウォルター・リラ(Walter Rilla)(Priest)
イヴェット・ミミュー(Yvette Mimieux)(The Princess) ('The Dancing Princess')
ラス・タンブリン(Russ Tamblyn)(The Woodsman) ('The Dancing Princess') / Tom Thumb
ジム・バックス(Jim Backus) (The King) ('The Dancing Princess')
ブーラー・ボンディ(Beulah Bondi) (The Gypsy) ('The Dancing Princess')
クリントン・サンダース(Clinton Sundberg) (The Prime Minister) ('The Danbcing Princess')
ウォルター・ブルック(Walter Brooke)(The Mayor) ('The Cobbler and the Elves')
サンドラ・ベッチン(Sandra Bettin)(The Ballerina) ('The Cobbler and the Elves')
ロバート・フォーク (Robert Foulk )(The Hunter ('The Cobbler and the Elves'))
テリー=トーマス(Terry-Thomas )(Ludwig) ('The Singing Bone')
バディ・ハケット(Buddy Hackett )(Hans) ('The Singing Bone')
オットー・クルーガー (Otto Kruger)(The King) ('The Singing Bone')
ロバート・クロフォード・ジュニア(Robert Crawford Jr.)(The Spokesman) ('The Singing Bone')
ピーター・ホイットニー(Peter Whitney )(The Giant)(uncredited)
ジーン・ロス(Gene Roth)(Berlin Royal Academy Representative at Train Station) (uncredited)

スタッフ

製作:ジョージ・パル(George Pal)
監督:ヘンリー・レビン(Henry Levin),ジョージ・パル(George Pal)
原作:ハーマン・ガスナー(Hermann Gerstner)
(Jacob Grimm ... stories) (uncredited)
(Wilhelm Grimm ... stories) (uncredited)
脚本:デイヴィッド・P・ハーマン(David P. Harmon )、チャールズ・ビューモント(Charles Beaumont)、ウィリアム・ロバーツ(William Roberts)
音楽:リー・ハーライン(Leigh Harline)
撮影:ポール・ヴォーゲル(Paul Vogel)
編集:ウォルタ−・トンプソン(Walter Thompson)
美術:エドワード・カーファーグノ(Edward Carfagno),ジョージ・W・デイヴィス(George W. Davis)
装置:ヘンリー・グレイス(Henry Grace)、ディック・ペフェール(Richard Pefferle)
衣装:メリー・ウイルズ(Mary Wills)



Loyd THX Theater

戻ります